テレビ番組 時事 未分類 甲子園 豆知識 野球

夏の甲子園がつまらない?面白いか面白くないか!ネットの声まとめ

今年の夏の甲子園は100回目という記念大会で、例年以上に仕掛けがあり盛り上がっていると思います。

私の周りにも熱狂的な高校野球ファンがいますが、高校野球だからこその魅力があると力説していますね。

夏の甲子園が面白いというのと同じくらい、つまらないという人も根強くいるのは事実です。

そこで夏の甲子園が面白いか面白くないか、ネットの声も見ながら考えていきたいと思います。

Sponsored Link

 

夏の甲子園がつまらない?

夏の甲子園が100回目の記念大会ということで、歴代のレジェンド達による始球式など甲子園に花を添えていますね。

高校生ならではの白熱した熱戦も感動を呼びますし、負けた時点で終わってしまうところに惹き付けられるのかもしれません。

私も夏の甲子園はラジオで聴くこともありますが、自分の地元の高校が負けてしまったら、正直つまらないと思うことがあります。

昔は純粋に戦っていたイメージがありますが、最近の高校野球は商業化してしまった感じもしますね。

夏の甲子園に出場している高校の多くは私立校で、多くの有望選手は限られた私立校に行ってしまっているのも残念です。

とある県の甲子園に出場するような強豪高も、部員の大多数は県外から来た学生ばかりなのが実情ですね。

つまらないと思うのは試合時間の長さや、興味がない人が見ると同じ事の繰り返しに見えるのかもしれません。

夏,甲子園,つまらない,面白い,面白くない,ネット,声,まとめ

夏の甲子園は面白いか面白くないか!

夏の甲子園が面白いか面白くないかは、人それぞれの感じ方の差もあるので一概には言えないところですよね?

面白くないと思ってしまった時点でつまらなくなると思うので、自分なりに夏の甲子園で注目したいポイントを探すことが重要だと思います。

自分の地元の高校に注目して観戦したり、自分が気になった選手を追いかけるのもオススメしたいです。

面白いと感じるまで時間がかかる人もいると思いますが、野球のルールを事前に下調べしても楽しくなるかもしれませんね。

夏の甲子園が面白いと思うポイントも人それぞれで、勝ち負け重視だったり気になる選手の活躍に注目していたり様々だと思います。

面白くないと感じてしまう要因としては、過密な日程で開催されるので投手が疲弊してくるのも面白くない原因かと。

私も最初はつまらないと思ってましたが、漠然とテレビで見ていたら徐々に面白くなったので、まずは見てみることから入りたいですね。

私はプロ野球よりも高校野球の方が好きで、試合展開が二転三転するのをハラハラしながら見ながらテレビに釘付けです(笑)

Sponsored Link

 

夏の甲子園についてネットの声まとめ!

夏の甲子園については賛否両論ありますが、ネットの声はどのような意見があるのかを紹介していきます。

まず多いと感じた意見として試合時間が長いという声があり、1試合が終わるまで長いので飽きてくるとの意見が多数ありました。

確かに野球は3アウトにならない限りは終わらないので、極端に言えば試合時間はいくらでも長くなる可能性もあります。

サッカーとかだと90分に延長で大体は終わりますが、野球は長いという意見も一理あると思いますね。

特に今年は多いネットの声が熱中症に対する声で、異常とも言える猛暑の中で試合をするのはいかがなものかとの声もあります。

確かに今年は40℃を越える日もあるなか、夏の甲子園はいつも通り開催されていますが、大丈夫かなと見ていても心配になりますよね?

一方で猛暑を考慮してドーム球場で夏の甲子園が開催となると、何か味気なくなるような気もして難しい問題かもしれません。

高校生活を野球に捧げて打ち込んでいるからこそ、夏の甲子園にはドラマがあり感動を呼ぶとの意見も多くありましたね。

Sponsored Link
 

-テレビ番組, 時事, 未分類, 甲子園, 豆知識, 野球