テレビ番組 未分類 芸能 豆知識

24時間テレビがつまらない?面白くないか面白いかネットの声は?

今年も夏本番に突入してきましたが、夏と言えば日本テレビの名物番組である24時間テレビではないでしょうか?

チャリティー番組の代表格である24時間テレビですが、その在り方について賛否両論あるのも事実です。

大きな感動が特徴的な24時間テレビですが、近年はマンネリ化していたり過剰な演出も気になるところですね。

そこで24時間テレビは面白いか面白くないのか、ネット上の声をまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

 

24時間テレビがつまらない?

毎年24時間は放送されている長寿番組ですが、以前からつまらないといった声も多くあるのも事実ですよね?

つまらないという意見の中でも特に多いのが、毎年同じことばかりでマンネリ化しているという意見だと思います。

そもそも24時間テレビのコンセプトはチャリティ番組なので、つまらないという意見は当てはまらないかもしれませんね。

また感動の押し付けとという意見も多くあり、わざとらしい演出に飽き飽きしているのもつまらないと言われる要因だとも思います。

個人的にはつまらないという視点でみる番組ではなくて、あくまでチャリティー番組として見たほうが良いのかなとも感じますね。

大きく番組の構成を変えることは難しいとは思いますが、つまらないという意見も参考にして番組のマンネリ化を解消する努力にも期待したいです。

24時間テレビ,つまらない,面白くない,面白い

24時間テレビは面白くないか面白いか?

24時間テレビは面白いか面白くないかですが、個人的には面白くはないと思っていますが、いろいろな見方によっては面白い番組かなとも思ったりもします。

24時間テレビが面白いという意見の中には、毎年何かしらのサプライズがあるので面白いという意見もありました。

芸能人などの公開プロポーズなどのサプライズや、24時間テレビで初めて病気を告白した芸能人もいたりと、いろいろなサプライズがあるのも特徴的ですね。

面白くないという意見の中で多いのは、チャリティー番組なのに出演者に高額のギャラが支払われていて冷めるといった見もありますね。

障害について普段は知る機会が少ない人も24時間テレビを通じて、障害についてや大変さを人それぞれ理解できることは素晴らしいことだと思います。

個人的な意見ですがしかし近年の24時間テレビを見ていると過剰な演出が目に付き、障害者は可哀想という感じに演出していて、感動を煽っている感じがして面白いとは思えませんね。

Sponsored Link

 

 24時間テレビに対するネットの声は?

24時間テレビに対するネットの声は様々ですが、やはりマンネリ化しているという意見が圧倒的に多いですね。

実際に障害を持った子供の父親の意見として、社会的弱者の為の偽善番組だという厳しい意見もあります。

また24時間テレビの名物企画であるチャリティマラソンには、このマラソンに意味はあるのかという意見もありましたね。

私がチャリティマラソンを見ていて冷めてしまうのが、毎年のように放送時間ギリギリに武道館にゴールすることの違和感です。

たまには早く武道館に到着するのなら納得できますが、毎年のように同じ時間にゴールするのならチャリティマラソンはもう必要ないのではと思います。

障害を持っている人が一生懸命トライしている姿を全国に公開して、障害があるのに頑張っていて心打たれるというのは、私は違和感だらけで不快になります。

障害を抱えている人が何かに一生懸命チャレンジすることは悪くないことですが、24時間テレビは過剰に感動させるための演出が目に余ると私は感じましたね。

もう一度原点に戻ることも悪くないと思いますし、今後も24時間テレビが継続していくためにも立ち止まって考えることも大切だと思います。

Sponsored Link
 

-テレビ番組, 未分類, 芸能, 豆知識