アスリート サッカー 未分類 豆知識

西野監督の呪いってなに?フォーメーションや戦術が無能で予選敗退?

2018/05/29

ロシアW杯が目前に迫ってきていますが、日本代表はハリルホジッチ前監督が電撃解任されて、ぶっつけ本番の日本代表といった感じですね。

たしかにハリルホジッチさんの采配に賛否両論ありましたが、なぜこの時期に解任することになったのか、日本サッカー協会の対応には疑問だらけです。

そして新監督に西野監督が就任しましたが、日本サッカー協会の強化本部長という立場から、代表監督になったプロセスも違和感があります。

ここではネット上では書かれている西野監督の呪いの意味と、戦術が無能でW杯予選敗退は確実という意見について、私なりの考えを書いていきたいと思います。

Sponsored Link

 

西野監督の呪いってなに?

西野監督は監督としてJリーグの複数チームを率いていますが、西野監督の呪いではと揶揄されていることがあります。

呪いに良いことはないはずですので、西野監督の呪いは日本代表にも影響しそうで、どんな呪いなのか不安ですね。

西野監督の呪いと言うのはJリーグの監督時代に、西野監督がガンバ大阪の監督だった時に、やたらとロスタイムにチームが失点することから呪いと言われています(笑)

3試合連続ロスタイムに失点したこともあり、ロスタイムに3試合続けて失点してしまうケースはかなりレアなケースであると思います。

そして西野監督が監督を務めた今までのチームの多くは、西野監督の退任翌年にJ2に降格していることも、西野監督の呪いと言われる理由になっています。

日本代表には降格はないので呪いの心配はなさそうですが、ロスタイムに多く失点している部分は少し不安材料と言えるかもしれません(笑)

西野監督にはこうした呪いの噂を払拭するような活躍と、周囲に流されることなくW杯では思いきり采配してほしいですね。

西野監督,西野監督の呪い,なに,フォーメーション,戦術,無能,予選敗退

西野監督のフォーメーションが意味不明?

西野監督の戦術面の大きな特徴としては、超攻撃的サッカーで得点を多く取っていこうという戦術が大きな特徴だと思います。

サッカーに詳しい方からは怒られるかもしれませんが、守備を手薄にしてでも攻撃重要型の戦いが西野監督のスタイルかなと考えます。

ガンバ大阪時代にはこの超攻撃的スタイルが開花していますが、他チームの監督になった時は今一だった感は否めませんね。

選手中心のフォーメーションを第一に考える監督で、フォーメーション重視というよりかは選手重視の側面があると思います。

選手それぞれの自主性を重んじるばかりに、時に西野監督のフォーメーションは意味不明だという厳しい意見もあるのも事実です。

ハリルホジッチ前監督とは対照的な感じがあるので、日本代表は型にハマったらW杯の台風の目になる可能性もあるかなと思いましたね。

Sponsored Link

 

西野監督は無能で予選敗退?

西野監督は戦術眼が鋭くて名称とも言われている一方で、西野監督の戦術には批判的な意見もあります。

ガンバ大阪での華々しい采配ぶりが印象的ですが、その一方でガンバ大阪以外のJクラブでは更迭されて監督交代という経験も2度していますね。

西野監督のイメージは戦術が当てはまった時は強いんですが、Jリーグでもハマるチームと全くハマらないチームに別れると思います。

突然の日本代表監督に就任した西野監督ですが、どのような成績になったとしても批判されるのは予想でき、まさに火中の栗を拾ってしまったと言えますね。

西野監督は無能だとも取れるような批判もあり、元日本代表選手からも公然と批判されていて、名将なのかダメな監督か迷ってしまいます(笑)

W杯で予選敗退になる可能性は高いと思いますが、日本代表と西野監督には当たって砕けろの精神で、是非とも本選出場を果たしてほしいと強く思っています。

Sponsored Link
 

-アスリート, サッカー, 未分類, 豆知識