テレビ番組 時事 未分類 豆知識

ゴースト血管とは?改善方法や原因は?ヒハツやシナモンで復活!

ゴーストと聞いたら幽霊を想像すると思いますが、ゴースト血管という言葉を知っている人は少ないかもしれませんね。

ゴースト血管の意味を知らなくても言葉を聞いたら、体に悪影響を及ぼしそうなのは想像できるかと思います。

日本語に直訳すると幽霊血管という意味合いですが、血管が幽霊って何なのか気になりますし気味が悪い感じですね。

ひょっとしたらゴースト血管になっていても、今現在も気付かずに生活している人は意外に多くいるかもしれません。

ゴースト血管というくらいですから、実際は血管があるのに幽霊みたいに見えないのかなとも思いますが、凄く悪い症状かどうかが重要なところですよね。

そこでゴースト血管とはどういう病気のことなのかや、改善方法や原因についてと、ヒハツやシナモンで症状が復活の真相を調べていきたいと思います。

Sponsored Link

 

ゴースト血管とはなに?

ゴースト血管のことを知っている人はごく少数かと思いますので、ここではゴースト血管とは何なのか簡単に説明していきたいと思います。

一概に血管といえども人間の体内には様々な血管が張り巡らされていますし、目視で確認できない微小な血管も無数にあります。

ではゴースト血管はどの部分の血管なのかですが、ゴースト血管は毛細血管のことを指していて、血管はの中でも特に細かい部分ですね。

この毛細血管は体全体に血液を送り届ける重要な役割を担っていて、精密機械のような決め細やかな働きをしてくれています。

毛細血管がゴースト血管ということですが、ゴースト血管とは本来は血液を体内に送っている毛細血管が機能不全に陥ってしまい、血液の循環が行われなくなっていることを意味します。

この毛細血管に血液が正常に流れなくなってしまうと、血管は完全に見えなくなり消えてしまうので、ゴースト血管と呼ばれる由縁になっていますね。

本来は正常に機能しているはずの毛細血管が、何らかの原因によって血液が流れにくくなって、機能しなくなってしまうという怖い症状です。

ゴースト血管については、Twitter上でも怖いよね~という声が結構ありますね。

ただゴースト血管になってしまった毛細血管ですが、完全に血管の機能が無くなったというわけではなく、生活習慣を見直して改善したら復活することもあるようですね。

水道水で例えると水道管にいつもは水が一定量流れているのに、水道管の中が異物などで詰まって水が流れない状態になるということです。

水が流れなくなってしまったとしても水道管は残っているので、異物を取り除いてあげれば再び水が流れるようになりますよね。

ゴースト血管になった毛細血管でも血管は残ったままなので、毛細血管を正常に戻す努力をしたら復活することもあるので、やはり生活習慣がとても大事になります。

ゴースト血管,とは,改善方法,原因,ヒハツ,シナモン,復活

ゴースト血管の改善方法や原因は?

ではゴースト血管になってしまう原因は何なのか、もしゴースト血管が判明してしまった時には、どのような改善方法があるのかも気になるところですよね?

ゴースト血管は体に良くない症状なのは間違いないですし、できることならゴースト血管にはなりたくないところです。

しかしゴースト血管になってしまう原因を知らないと、生活習慣を良くしていたらゴースト血管になりにくいのか、突発的にゴースト血管になってしまうのか心配になります。

ゴースト血管になる大きな原因のひとつに生活習慣が関係していて、不規則で不摂生な生活を続けていると、ゴースト血管になってしまう可能性が飛躍的にアップしてしまいますね。

どんな病気でも言えることとは思いますが、規則正しい生活を心がけることと、適度な運動をすることがゴースト血管を予防する近道と言えます。

暴飲暴食もゴースト血管になるリスクを高めてしまいますし、食べ過ぎることで血液が胃や腸内に集中してしまうことで、他の毛細血管に血液が循環しなくなってしまいます。

人間の体内は常に一定量の血液が流れていますが、食べ過ぎると胃腸に血液が一気に集中してしまい、血液が一時的に行き届かなくなりゴースト血管が発生してしまいます。

毛細血管が張り巡らされていたとしても、そこに血液が流れていなければ意味がないですし、体の至るところに異常が出てしまいますね。

毛細血管と聞くととても細かい血管をなので、命に関わることはないのかなとも思うかもしれませんが、放置していたら命に関わる病気に発展してしまうこともあります。

ゴースト血管になっていたとしても気付きにくい面もあり、日頃から意識していたとしてもゴースト血管になったかどうかはわからないはずです。

毛細血管に血液が流れなくなると肌荒れや体のむくみなどが発生しますが、原因はゴースト血管だと気付く可能性は限りなくゼロに近いと思いますね。

非常に分かりづらいゴースト血管という症状ですので、普段から規則正しい生活を送ることが何より重要です。

やっぱり、何事も生活習慣が大切ってことですよね。

逆に言うとゴースト血管の改善方法は薬よりも、日頃から食べ過ぎないように注意したり、とにかく血流を良くすることが何より大事ということになります。

血流を良くするためには激しい運動をしなくていいので、自分自身で無理のない範囲で運動を心がけ、ウォーキングなどの有酸素運動を継続的にすることをオススメ。

例えばお風呂に入らないでシャワーで済ませている人もいると思いますが、体内の血流を良くするためにはシャワーよりも、入浴することで血流をより良くすることができます。

Sponsored Link

 

ゴースト血管はヒハツやシナモンで復活!

ここまではゴースト血管についてや、その原因や改善方法について紹介してきましたが、ヒハツやシナモンがゴースト血管に効果的という真相を調査していきます。

シナモンはアップルパイなどにも使われているので、馴染み深いと思いますがヒハツって何だろうと思う方も多いように思います。

まずヒハツについて調べてみましたが、このヒハツは香辛料として使用されていることが多く、沖縄そばに香辛料として使用されていますね。

ゴースト血管にヒハツが効果的と言われる理由は、ヒハツを摂取することにより結果的に毛細血管の血流の流れが良くなるから。

どうしてヒハツを摂取したら毛細血管が復活するのかですが、タイツー(Tie2)という毛細血管の老化を止めて修復する作用を促進するからです。

このタイツー(Tie2)の働きは毛細血管の壁を強くして、毛細血管から血液が漏れることを防ぐ働きをしてくれています。

タイツー(Tie2)が正常に機能していると、毛細血管の壁の強度がアップするので、ゴースト血管になりにくくなるというわけですね。

ヒハツの中に含まれている成分がタイツー(Tie2)の働きを促進するので、ヒハツを適量摂取することで強い毛細血管を維持できるということです。

ポイントはヒハツを適量摂取するということであり、毛細血管に良い作用を持たらすといえ、過剰に摂取してしまっては逆効果になってしまいますね。

ヒハツはコショウと似ている香辛料ですので、コショウの変わりにヒハツを普段から使うようにするだけで、ゴースト血管の予防に繋がるので簡単にはだと思いました。

シナモンもヒハツと同様にタイツー(Tie2)の作用を促進してくれますが、毎日シナモンを摂取するのは難しいと思うので、私はヒハツをオススメしたいと思いますね。

ヒハツやシナモンを適量摂取しているからといって、ゴースト血管にならないわけではないので、やはり規則正しい生活習慣と適度な運動は何より重要だと思います。

ということで、今回のブログではゴースト血管について調べてご紹介してきました~。

自分の生活習慣を見直して、ゴースト血管にならないように予防をしていきたいと思います!

Sponsored Link
 

-テレビ番組, 時事, 未分類, 豆知識