お笑い テレビ番組 未分類 芸能 豆知識

孤独のグルメはつまらない?つまらなくなった理由はマンネリな演出?

孤独のグルメは1994年から雑誌で連載された人気漫画で、その後にテレビでドラマ化され大ヒットしていますね。

俳優の松重豊さんが主役の井之頭五郎を好演していて、孤独のグルメは自然と見てしまう不思議な魅力があるドラマだと思います。

日本だけにとどまらず台湾でも放送されていて、淡々と進んでいくストーリーは海外でも人気があるようですね。

正直言うと物凄い面白いという感じではなく、ジワジワと面白さが後から追いかけてくるという感じもするので、そこが孤独のグルメが長寿ドラマな秘密かなと思います。

そこで孤独のグルメがつまらないという意見についてや、つまらないのはマンネリ化が原因なのか、いろいろ調べていきますね!

Sponsored Link

 

孤独のグルメはつまらない?面白い?

孤独のグルメはドラマ化されていて人気がありますが、ぶっちゃけ中年男性が一人でご飯を食べているだけともいえ、ここまで人気が出たのも不思議に思ったりもします(笑)

深夜の時間帯に放送されている孤独のグルメは、ちょうど小腹が空いてくる時間帯に放送されるので、私もついつい何も考えずテレビで観ています。

そして何といっても俳優の松重豊さんの影のある演技のうまさと、1日頑張ったご褒美に美味しい料理を食べるという、働く人の共感を得ているのも孤独のグルメが面白い理由だと思いましたね。

一言で孤独のグルメを説明するとしたらクセのあるドラマで、面白さがハマる人と全く伝わらない人との二極に別れると思っています。

何が面白いと言われたら何て言っていいか困りますが、孤独のグルメは説明するよりも観てもらえれば、味のある感じがきっと伝わってくるはずです(笑)

孤独のグルメは地味だけど面白いといった声や、知らないうちにクセになって癒されるドラマといった意見が多くありましたね。

つまらないという意見では意味がわからないといった声や、オッサンがただ食べてるだけで理解不能といった厳しい意見もありました。

孤独のグルメ,つまらない,つまらなくなった,理由,マンネリ,演出

孤独のグルメがつまらなくなった?

孤独のグルメはシーズン6に突入している長寿ドラマですが、最近は以前と違ってつまらなくなったという声がありましたね。

どんな人気ドラマもシーズンを重ねるごとに、つまらなくなったと言われるのは宿命のような感じにも思います。

そもそも主演の松重豊さん自身が何が面白いのか半信半疑だったほどで、ここまで人気になったことに驚きしかない感じでしたね。

今だに孤独のグルメの主演の松重豊さんはじめ、制作スタッフ陣も何故ヒットしているのか掴みかねているというドラマです(笑)

孤独のグルメが放送された最初の方はインパクトが強く、今までにないドラマの構成に斬新さを感じていた視聴者が多かったと思いますね。

最初の斬新さも長く見ているうちに慣れてくるため、孤独のグルメがつまらなくなったと言われる理由ではないかと想像します。

Sponsored Link

 

孤独のグルメはマンネリな演出?

孤独のグルメは根強い人気がある一方で、毎回同じ展開ばかりでマンネリな演出を見飽きたという声もありましたね。

確かに私もドラマを見ていて同じ感じだよなと思いますが、毎回同じ感じでストーリーが展開されるのが癒されるという側面もあります(笑)

お決まりのパターンとして街中を歩いてお店を探して食事という、王道パターンとが孤独のグルメには確立されていますね。

マンネリという言葉に悪いイメージを持つ人が大半かと思いますが、同じ事を継続し続けることは良い意味でもあると思います。

孤独のグルメはマンネリ化してるとの声もありますが、マンネリ化しているということは、それだけ長い間愛されているという裏返しでもありますよね。

Sponsored Link
 

-お笑い, テレビ番組, 未分類, 芸能, 豆知識