アスリート テレビ番組 時事 未分類 甲子園 豆知識 野球

21世紀枠は甲子園にいらないから廃止?継続する理由ってなに?

長かった冬も過ぎ去り春が近づいていますが、高校球児による春のセンバツ甲子園の開催が迫ってきました。

正々堂々と戦う高校球児の姿は清々しいですし、筋書きのない結末に見ている方も白熱するのが高校野球だと思いますね。

甲子園に出場するためには地区大会を勝ち抜かないとですが、春のセンバツ大会では21世紀枠という特別枠が設けられています。

大きな夢が詰まっている甲子園という大舞台なので、少しでも多くの高校が甲子園で試合を出来るようになるのは良いことだと思います。

ここでは21世紀枠は必要ないのではといった声についてや、廃止するといった意見などを調べていきますね!

Sponsored Link

 

春のセンバツ名物の21世紀枠ってなに?

高校野球に興味がない方でも21世紀枠という言葉は、ニュースや新聞などで耳にしたことはあるかと思います。

この21世紀枠という言葉は何だかカッコいい感じの言葉ですが、文字通り夢のある制度といったも間違いはないかと。

21世紀枠は2001年から創設された制度で、各都道府県の地区大会で優勝できないチームでも、一定の条件を満たせば甲子園に出場できるという制度ですね。

21世紀枠の候補になるにも様々な選考条件があり、社会貢献を積極的にしている高校や、野球をすることに恵まれない環境など、日本全国の高校の模範になるような高校が選出されます。

この21世紀枠が創設されたことで、今まで圧倒的な強さを誇る強豪校しか甲子園に出場できなかった都道府県でも、甲子園に出場できるかもという希望が生まれましたね。

夏の甲子園大会では21世紀枠はないので、春のセンバツ甲子園大会の名物とも言われています。

21世紀枠,甲子園,いらない,廃止,継続,理由,なに

21世紀枠は甲子園にいらないから廃止?

21世紀枠については肯定的な意見がある一方で、本当に必要なのかといった否定的な意見があるのも事実。

1校でも多く甲子園に出場できるのは良いことにも思えますが、選考基準に対する疑問や進学校が多く選ばれているとの批判など、廃止したほうがスッキリするという声もあるようです。

また21世紀枠で甲子園に出場したチームの中では、圧倒的大差で敗戦することも多々あり、見ていて可哀想だという批判もありますよね。

基本的には地区大会でベスト16以内であれば、21世紀枠に選出される可能性があるので、甲子園に出場してくる強豪チームと戦えば、大差で負けることも十分にありますよね。

個人的には21世紀枠には賛成の考えですが、もう少し基準を厳しくしたり、もっと明確な選考基準を決めて、不公平感をなくした方が良いとも思います。

Sponsored Link

 

21世紀枠を継続する理由ってなに?

21世紀枠には賛否両論あることは分かりましたが、そもそも21世紀枠を継続する理由って何なのか調べてみました。

過去には21世紀枠で選ばれたチームが甲子園で勝利して、負けたチームの監督が21世紀枠のチームに負けたことは末代までの恥だとコメントして大問題になったこともあります。

確かに地区大会で優勝して甲子園に来たチームが、推薦枠で選ばれたチームに負けたとしたら、複雑な気持ちになるのも理解できるなとも思います。

この21世紀枠を継続している背景には、大人の事情が見え隠れするとの批判もあり、あまりにも曖昧な選考基準から忖度が働いているという噂もあるほど。

21世紀枠で出場したチームを甲子園で見ていると、どことなく遠慮している感じにも見えたり、勝利した時でも申し訳なさそうにしているような感じもしますね。

真相は不明ですがきな臭い感じも確かにするので、やはり厳格な選考基準を早く作ることが急務で、変な疑いをされないようにしてもらいたいと思います!

Sponsored Link
 

-アスリート, テレビ番組, 時事, 未分類, 甲子園, 豆知識, 野球