107キロ会社員の満腹日記

面白くて美味しいお話をご紹介していきます。

テレビ番組 体験 時事 未分類

加藤積一が情熱大陸出演!ふじようちえん園長が待機児童問題を語る

Sponsored Link

2016/08/21

加藤積一が情熱大陸に出演

20160724_20075

加藤積一さんという人物をご存知でしょうか?
恐らく多くの方は名前すら聞いたことが無いと思います。

子育てに熱心な方や、子供教育関係の仕事をされている方は
加藤積一さんのことを知っていて、非常に注目している
なんていう方もいらっしゃるかもしれませんね。

加藤積一さんは、東京都立川市にある「ふじようちえん」
という私立幼稚園の園長を務められている方です。

今回、加藤積一さんがTBSの人気番組「情熱大陸」へ
出演することになりましたので、簡単にではありますが
加藤積一さんのことをご紹介したいと思います。

加藤積一さんは、1957年東京の生まれです。
現在59歳ですかね。
還暦も近いのですが、そのバイタリティには恐れ入ります。

加藤積一さんは大学を卒業後、食品関連の会社での勤務を経て
2000年に父親が経営していた「ふじようちえん」を引き継ぐ形で
園長に就任しました。

加藤積一さんには息子さんが2人おり、すでに大学生という大きさ。
日課は毎朝4時半から行う散歩で、その散歩の中で感じる四季折々の
変化を子供たちと共有するのが今の一番の楽しみだと言う
そのビジュアルも含めて皆から愛されるキャラクターの持ち主です。

園長を務めるふじようちえんとは

cached

そんな加藤積一さんが園長を務める「ふじようちえん」とは
どのような私立幼稚園なのでしょうか。

東京都立川市にある「ふじようちえん」は、
2007年に今の形に建て替えられました。

「ふじようちえん」を一度見たら絶対に忘れることの出来ない
芝生の庭を囲むドーナッツ形の建物は、他の幼稚園では
見たことも無い斬新なデザインになっています。

幼稚園の建物は子供たちが育つ道具、という加藤積一さんの考えのもと
1週180メートルの走れる屋上テラス。

幼稚園の屋根を突き破って生えているケヤキ。

教室にも一切の仕切りが無いなど、
至るところに加藤積一さんのこだわりと工夫が散りばめられています。

国内外から高い評価を受ける「ふじようちえん」は
文部科学大臣からも表彰を受けています。

毎日、海外からの視察団なども「ふじようちえん」を訪れており
世界で一番楽しい幼稚園といった評判も多くあるんです。

「子供の自立を第一に考えた保育」という加藤積一さんの
モットーをそのまま体現し、自分たちが育てたジャガイモを
ポテトチップスにして食べたり、幼稚園の中で馬を飼育し、
幼稚園の子供たちに乗馬をさせたりと、本当に子供たちの
自立を第一に考えた教育を行っています。

「ふじようちえん」には、現在640人の園児たちがおり
加藤積一さんは、日々そんな子供たちと真剣に向き合っているのです。

加藤積一が待機児童問題について語る

Sponsored Link

「ふじようちえん」の園長として、自分の考える理想の保育を
実現しようと日々奮闘している加藤積一さん。

「子供を育てる近道は、大人が成長すること」といた考えも持っており
「ふじようちえん」にいる60人余りの先生たちには自らが考え、
行動出来るような仕掛けを次々と考案してきました。

そんな幼稚園で働けている先生たちは本当に幸せですよね。

情熱大陸の中で加藤積一さんは、現在社会問題にっている
待機児童の問題についても語っています。

待機児童の問題について加藤積一さんはどのように考えているのか。
加藤流の取り組みは本当に気になりますよね。

情熱大陸、ぜひチェックしてみてください。

町田徹(ホテルコンシェルジュ)が情熱大陸で語る究極のおもてなし!

白石あさえ(ゴルフアイドル)が情熱大陸出演!年齢や身長も公開!


-テレビ番組, 体験, 時事, 未分類