イベント 時事 未分類 経済 豆知識

日本相撲協会が隠蔽体質の理由!日馬富士の暴行事件も知っていた?

大相撲は自分が子供の頃から見てきただけでも、過去に何回もやばいタイミングがありました。

八百長疑惑や朝青龍関の巡業すっぽかし問題や暴行事件、野球賭博事件…

今思いつくものだけでも、こんなにも多くの不祥事を引き起こしてきています。

そしてそのたびに、日本相撲協会には体質改善が日本中から求められており、そのたびに有耶無耶にされてきたような気がします。

今回のブログでは、日本相撲協会がなぜ隠蔽体質なのか?という理由について、色々と調べていきますね!

Sponsored Link

 

日本相撲協会が隠蔽体質の理由は?

日本相撲協会と言えば、ここ十年ちょっとでも、数々の不祥事を引き起こしてきましたよね。

力士同士で星を売買しているのでは?という疑惑を持たれた八百長事件。

発言や言動が横綱の品位に相応しくないと散々言われた、元横綱の朝青龍関の暴行事件。

琴光喜関が最後の最後まで否定していた野球賭博問題。

他にも数々の不祥事を引き起こしていますが、個人的に一番問題だと思っているのが、これらの事件は全て週刊誌や新聞各紙がスクープ的に報道をして発覚している、ということです。

日馬富士の引退や逮捕はいつ?貴ノ岩暴行事件で引退しろの声!

本来であれば、こういった事件や問題を把握した日本相撲協会が、自ら公表すべきなのですが、自浄作用が全く無いのか、問題を隠蔽してしまう隠蔽体質になっているんですよね。

ではなぜ、日本相撲協会は隠蔽体質になってしまっているのでしょうか?

その理由について考察していきたいと思います!

日本相撲協会,隠蔽,体質,理由,日馬富士,暴行,事件

日本相撲協会が隠蔽体質の理由はことなかれ主義?

日本相撲協会には、今回の日馬富士関の問題の真相はしっかりと究明して、そして発表して欲しいと思っています。

この問題すら隠蔽してしまうとすれば、この先も自浄作用を持って隠蔽体質を改善していけるとは到底思えません。

それどころか、せっかく大相撲人気が復活してきたところに水を指すようなことになりますので、今回だけはいつも以上に強く望んでいます。

そんな日本相撲協会ですが、隠蔽体質体質になってしまっている大きな理由は、ことなかれ主義ということがあるのではないでしょうか??

八百長問題や野球賭博問題は、2000年以降に発覚してきましたが、過去の取り組みのデータを見る限り、ずーーーーっと以前から八百長は行われていた…とされています。

7勝7敗と8勝6敗の力士が千秋楽(最終日)に取り組みを行うと、かなり高い確率で7勝7敗の力士が勝つそうです。

日馬富士 嫁との別居はデマ!国籍は日本人?子供はいる?画像

もちそん火事場の馬鹿力的な要素が無いとは言い切れません。

それにしても勝率は異常な数字になっているそうです。

こういったことが以前から行われてきたことや、相撲が日本の国技ということで、なにか問題があっても少しすれば人気が復活してきた…というのも良くなかったですよね。

ことなかれ主義が醸成される風土になっていますし、この先の体質改善も難しいのかもしれません…

Sponsored Link

 

日本相撲協会は日馬富士の暴行事件も知っていた?

ここまで、日本相撲協会が隠蔽体質になっている理由について考察してきました。

実際に今回の日馬富士関の暴行事件についても、日本相撲協会は知っていたのでは?と考えている方が多いようです。

やはり現役の横綱の起こした暴行事件ということで、かなり世間の関心度は高くなっている感じです。

日本相撲協会には、今回の日馬富士関の起こした暴行事件に対して、どのような処置をするのかが注目を集めますよね。

貴ノ岩は復帰出来る?可能性や時期!力士引退もあり得る大怪我?

個人的には厳罰は致し方ない…という感じもしますが、一体どうなるのでしょうか??

ということで、今回のブログでは日本相撲協会が隠蔽体質の理由についてご紹介してきました。

まずは今回の日馬富士関の暴行事件の真相をハッキリとしてくれることを期待しています!

Sponsored Link
 

-イベント, 時事, 未分類, 経済, 豆知識