テレビ番組 未分類 芸能

田中彩子は100年に1人の天才!天使の歌声はクラシック界の宝!

2016/08/21

100年に1人の天才

11

 

「100年に1人」とも、10代の頃から高い評価を受けてきた田中彩子。
「ハイ・コロラトゥーラ」の才能を認められ、クラシック音楽の本場ウィーンで
プロ10年のキャリアを積み重ねるソプラノ歌手です。

コロラトゥーラというのは、超高音の音域を操るテクニックと
その技能を持つ数少ない歌手のことを言います。

繊細さと軽さが特徴の田中は、「天使の歌声」と賞賛を浴びてきました。

その才能の大きさと、モデル並みの美貌から
クラシック界の人間は声を揃えて、「天は二物を与えた」と言います。

日本人で、「ハイ・コロトゥーラ」として活躍しているソプラノ歌手は
ほとんどと言っていいほど居ないので、これからの活躍に期待ですね。

もともとはピアニスト志望だった

f5410188aceca7

 

今ではソプラノ歌手として大成功を収めている田中だが
もともとはピアニストを目指していました。

「歌手」という選択肢は全くといっていいほどありませんでした。

そんな中、歌手を目指すキッカケとなったのは、とある音楽研修でのこと。

発声練習の時、どこまでも高く伸びて行く声に惚れ込んだ元宮廷歌手から
「とてつもない才能がある」
「直接指導するから、ぜひウィーンに来なさい」
という熱烈なラブコールを受け、ソプラノ歌手としての道を歩み始めたのです。

この時の音楽研修が無ければ、この「天使の歌声」は世の中に届かなかったですし
この元宮廷歌手がこの発声練習を聞いていなければ、ソプラノ歌手「田中彩子」は
存在していなかったと思うと、物事の巡り合わせの意味を考えさせれますよね。

世の中に伝えるべき才能は、自然と掘り起こされていくのかもしれません。

そんな田中彩子の素顔とは

Sponsored Link

10代の頃から単身ウィーンで活躍しているので
非常に優れた技術と強靭なメンタルを持ち合わせていることは容易に想像出来ます。

言葉の通じない海外生活というだけで多大なるストレスを感じますし
もともとはピアニストを目指していたということもあり
ソプラノ歌手としてのキャリアも全くと言っていいほど無かったのですから。

その状況下で、単身ウィーンに行くという決断をしたのは本当に凄いですよね。

そんな彼女ですが、長い海外生活の影響か、日本語に独特の訛りがあるのです。
京都出身ということだけでは説明出来ないような、明らかな違和感です。

その訛りとは対照的に、彼女自身のビジュアルは本当に洗練されていて
モデルさんと見間違うほどです。

あの美貌で日本語に訛りというのは、素敵なギャップですけどね笑

今後の活躍にも期待しましょう!

Sponsored Link
 

-テレビ番組, 未分類, 芸能