テレビ番組 未分類 豆知識 食べ歩き

納豆餅は山形・京都京北・金沢兼六園どこが発祥?気になるカロリーは?

あ~、久し振りに納豆餅が食べたくなってきました。

地元にいる頃は、よく納豆餅をおばあちゃんに作ってもらっていたので、たまに食べたくなるんですよね笑

焼いた餅に合うんですよ、納豆が。

このブログを読んでくださっている方も、きっと納豆餅は大好きですよね?

…えっ?納豆餅なんて聞いたことがない??

Sponsored Link

 

納豆餅は山形・京都京北・金沢兼六園どこが発祥?

冒頭でご紹介した納豆餅ですが、年末年始に地元に帰る時ぐらいしか、最近では食べなくなってしまいましたね。

昔はすごい大好きで、おばあちゃんによく作ってもらっていましたし、自分である程度の料理が出来るようになってからは、お腹が空いたら自分で作っていました。

というか、そこまで難しい料理じゃないですし、簡単に作れるのが納豆餅の良いところだと思います。

ちなみに納豆餅を知らない人がいるということを知らなかったので、先ほどは軽い衝撃を受けました笑

船越英一郎と松居一代の馴れ初めは?家族に結婚を反対された理由!

よくよく納豆餅のことを調べてみると、全国の中でも食べているのは山形県、京都府、宮城県、北海道ぐらいらしいです。

めっちゃマイナーな食べ物だったんですね、納豆餅って…

そこで気になるのは、納豆餅の発祥がどこか?ということです。

宮城県と北海道でも食べてはいるのですが、どうやら発祥ということになると山形県と京都府京北地方が有力な様子。

ただ、ここに石川県金沢市が入ってくるのですが、その理由は兼六園で納豆餅を昔から販売しており、金沢兼六園の名物になっているから笑

自分も金沢に旅行に行った際に、兼六園で納豆餅を食べました。

確かに兼六園の納豆餅は美味しかったので、発祥の地の可能性はあるかなと思います。

独自に納豆餅の発祥の地を調べてみたのですが、どうやら山形県が発祥の地としては最有力な雰囲気。

ちなみに自分は秋田県の出身なんですが、秋田県でも納豆餅はよく食べられています。

秋田県横手氏には「納豆発祥の地」という石碑があるので、秋田県横手市が納豆発祥の地なんでしょうが、納豆餅発祥の地となると違うっぽいですね。

納豆餅 山形 京都 京北 金沢 兼六園 発祥 カロリー

納豆餅の気になるカロリーは?隠し味は砂糖醤油が最適!

ここまで、私が愛してやまない納豆餅について、発祥の地を調べてきました。

恐らくは山形県が納豆餅発祥の地だと思うのですが、こういうことを言うと京都や宮城の方に怒られそうですよね笑

松居一代の離婚を細木数子が予言?川島なお美とのその後が理由との噂

全国各地の眠った郷土料理などを紹介する日本テレビの人気番組「秘密のケンミンSHOW」でも、山形県名物として納豆餅が取り上げられています。

ということは、やはり納豆餅発祥の地は山形県ということなのでしょうか。

ちなみに「秘密のケンミンSHOW」では、納豆餅と併せて納豆汁も紹介されますので、こちらの料理にも注目してみてください。

ここで気になるのは、納豆餅のカロリーではないでしょうか?

どんなに美味しい食べ物でも、あまりにもカロリーが高すぎると食べるのを躊躇しちゃいますよね。

ですがご安心ください。

納豆餅のカロリーは、1つ170~200kcal程度。

そりゃそうですよね笑

焼いたお餅に混ぜた納豆をかけるだけですから。

隠し味として、砂糖醤油で納豆を作ってお餅にかけると、普通の醤油で納豆を作ったときよりも抜群に旨いんです。

ぜひお試しください!

Sponsored Link

 

納豆餅の人気のレシピをご紹介!

最後に、是非とも皆さんに納豆餅を召し上がって頂きたいので、納豆餅の人気レシピをご紹介します。

と言っても、自分の家で作っていた納豆餅は庶民的過ぎるので、ある程度そうじゃないレシピをピックアップしました。

三太郎の日 8月・9月以降の特典やいつまで継続するかを予想!

お餅のことは、餅屋に聞くのが一番ですよね笑

ということで、サトウ食品さんが推奨している納豆餅のレシピをご紹介!

材料(1人分)
サトウの切り餅パリッとスリット2個
納豆50g
しょうゆ小さじ2
小ねぎ(小口切り)適量

納豆餅の作り方

1.オーブントースターで餅を焼く。
2.納豆としょうゆをよく混ぜたところに小ねぎを和える。
3.焼き餅に"2"をかけて出来上がり。

煮餅でもおいしく召し上がれます。

からしを加えると味のアクセントになります。 引用元:サトウ食品HPより

なんて簡単なんでしょう!

こんなに簡単なレシピで作れるにも関わらず、抜群の旨さを誇る納豆餅!

是非とも皆さんも試してみてくださいね!


-テレビ番組, 未分類, 豆知識, 食べ歩き