アスリート 時事 未分類 豆知識

ひふみんに歯がない理由は?若い頃のイケメン疑惑を検証【画像あり】

ひふみんこと、加藤一二三九段について今回は皆さんにご紹介していきたいと思っています!

フジテレビの人気番組「アウトデラックス」に出演依頼、その可愛らしいキャラクターでお茶の間の人気者になりましたよね笑

個人的には加藤一二三九段の指す将棋が昔から好きでしたので、アウトデラックスのようなバラエティ番組に出演することで、加藤一二三九段のファン層が広がって本当に嬉しく思っています。

Sponsored Link

ひふみんに歯がない理由にプロ棋士のこだわりを感じて衝撃

ひふみんこと加藤一二三九段ですが、最近はなにかとテレビ番組に出ることが多くなりましたよね。

冒頭でご紹介したアウトデラックスへの出演がきっかけで…ということもあるとは思いますが、それよりも藤井聡太四段のデビュー戦の相手だったということの方が、大きな理由になっているかもしれません。

藤井聡太四段と言えば、14歳の若さで史上最年少でプロ棋士となり、現在史上最多の29連勝を記録している天才棋士ですよね。

しかもこれ、デビュー戦からの記録ですから、ひふみんが連勝記録のスタートとなっているのです。

藤井聡太がアスペルガーと言われる理由は典型的な発達障害の様な顔?

ひふみんも110手で藤井聡太四段に負けていますが、実際にこの記録はどこまで続いていくのでしょうか。

ひふみんと一緒に注目していきたいと思います。

少し話が逸れてしまいましたが、まずは加藤一二三九段(ひふみん)に歯がない理由についてご紹介していきます。

というか、もう面倒なので「ひふみん」と呼ばせてください笑

ひふみんはああ見えて、根っからの将棋馬鹿だと思いますし、この「歯がない理由」にも、プロ棋士としてのこだわりを感じずにはいられません。

ひふみんに歯がない理由は…あ、ちなみにですが、歯がないと言っても、前歯がないということですからね。

それでは、ひふみんに歯がない理由をお伝えしますが、それは「歯を入れると頭が働かなくなるから」だそうです。

んっ?歯を入れると頭が働かなくなる??

これですね、もう一般人には理解の出来ない天才プロ棋士だからこその感覚なんだと思います。

あまりにもプロ棋士としてのこだわりを感じる理由で、個人的には大きな衝撃を受けましたね笑

ひふみん 歯がない 理由 若い頃 イケメン 疑惑 検証 画像

若い頃のイケメン疑惑を検証【画像あり】

前歯のない加藤一二三九段に対して「かわいい」という声があるのは、個人的にはあまり理解が出来ません笑

まぁ、歯がないということではなく、ひふみんのキャラクターとして可愛いと言っているんだとは思いますがね。

今ではあんな感じのかわいいおじいさんになってしまっていますが、ひふみんも藤井聡太四段と同様に14歳で将棋のプロ棋士になっています。

そうなんです、ひふみんも天才と持て囃されていましたし、現に天才棋士ですから。

戦前生まれの名人経験者として最後の存命者なので、本当はもっと敬わなければならない存在なんです。

みなさん、ひふみんのことを軽く弄りすぎですよ!

藤井聡太が勝負メシを注文しているお店は?これまでのメニュー一覧!

そんなひふみんですが、若い頃はイケメンだったのでは?という疑惑があることをご存知でしょうか。

ここからは、ひふみんの若い頃の画像をもとに、イケメン疑惑について検証していきましょう。

まずはプロ棋士になりたてのころ。

ひふみん爽やかな好青年、って感じですよね笑

続いてはこちら。

ひふみん

ひふみん 歯がない 理由 若い頃 イケメン 疑惑 検証 画像

ひふみん 歯がない 理由 若い頃 イケメン 疑惑 検証 画像

はい、私確信しました。

ひふみんは、若い頃は間違いなくイケメン棋士として活躍していたと思います。

勝負師の顔って本当に格好良いですよね~!

Sponsored Link

神武以来の天才・ひふみんを引退に追い込んだ規定とは?

ひふみんこと加藤一二三九段は、6月20日の対局に敗れたことで、現役を引退することなりました。

14歳でプロ棋士になってから63年の長きに渡り、日本将棋界の発展に貢献してきました偉大な棋士。

それが、ひふみんなんです。

村山聖と羽生善治の対戦成績にみる名人への執念が胸アツ!

神武以来の天才と呼ばれてきたひふみんですが、なぜ引退に追い込まれることになったのでしょうか?

それは日本将棋連盟の定めた規定が理由。

ひふみんはここ数年、順位戦などで非常に苦戦を強いられてきました。

負け続けることが多くなり、現在はC級2組というクラスに所属しており、今回の敗戦によってその下のクラスであるフリークラスに降格することが決定。

このフリークラスには定年制があり、それが60歳という規定だったのです。

ひふみんは現在77歳ですので、この敗戦で自動的に降格で定年により引退、ということ。

非常に厳しい規定のようではありますが、毎年新たなプロ棋士が誕生していることを考えれば、これも致し方ないかなとも思います。

いづれにしても、稀代の天才棋士・加藤一二三九段は63年の現役生活に幕を下ろしました。

ひふみんには、今後もテレビを中心に将棋の素晴らしさを伝えていって欲しいと思います!

ひふみん、本当にお疲れ様でした!!


-アスリート, 時事, 未分類, 豆知識