107キロ会社員の満腹日記

面白くて美味しいお話をご紹介していきます。

アスリート 時事 未分類 豆知識

藤井聡太がアスペルガーと言われる理由は典型的な発達障害の様な顔?

Sponsored Link

2017/04/26

藤井聡太がアスペルガーと言われる理由は

藤井聡太 アスペルガー 典型的 発達障害 顔

藤井聡太棋士は、これからの将棋界を背負って立つのに不足のない実力を身に付けていますね。

 

藤井聡太棋士は、21世紀生まれで初めての将棋のプロ棋士なのですが、若干まだ14歳。

 

14歳でプロ棋士になるだけでもとてつもなく凄いのですが、「炎の七番勝負」という企画では、格上の先輩棋士に次々と勝利を収めていきます。

しかも、ただの先輩棋士だけではなく、なんとあの羽生善治三冠にも勝利をしてしまったのです。

 

この結果には、専門家たちもさすがに衝撃を受けたようで、藤井聡太棋士の今後の注目度が格段に向上しました。

 

そんな14歳の天才プロ棋士・藤井聡太棋士が、実はアスペルガーだと言われているのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

ちなみにアスペルガーというのは、言語障害や知的障害という障害が無いので、まわりからは「少し変わった人だな」と思われる程度のもの。

アスペルガーは小児自閉症とも言われ、その症状は年齢によって異なります。

 

藤井聡太棋士がアスペルガーと言われる理由は、一体どういうところにあるのでしょうか?

 

羽生善治の将棋の教科書 [ 羽生善治 ]

その理由は典型的な発達障害の様な顔?

藤井聡太 アスペルガー 典型的 発達障害 顔

羽生善治三冠にすら見事な勝利を納め、今後の将棋界に間違いなく新風を巻き起こしていくであろう、若干14歳の藤井聡太棋士。

 

将来が約束されたようなキャリアを積んでいる藤井聡太棋士ですが、ネット上を中心に「藤井聡太棋士はアスペルガー症候群なのでは?」という声が広がっています。

 

こういう天才的な才能を発揮する人が出てくると、なにかとアスペルガーなのでは?という噂が広がるものなのです。

 

ちょっとかわいそうな感じもしますよね。

 

藤井聡太棋士がアスペルガーと言われている理由は、その天才的な将棋の才能だけではありません。

実は、藤井聡太棋士の顔が、典型的な発達障害の方の雰囲気が出ている、というのです。

 

発達障害の様な雰囲気の表情というのは、少し伏し目がちで、焦点が定まっていないような表情のこと。

確かに藤井聡太棋士の顔の雰囲気は、そのような感じがしなくもないですが、絶対にアスペルガーや発達障害では無いと思いますけどもね。

通っている中学の偏差値は

Sponsored Link

今後、早い段階で将棋のタイトルにも挑戦することになるであろう、期待の新星・藤井聡太棋士。

 

若干14歳ということもあり、もちろん藤井聡太棋士も中学校に通っています。

14歳でプロ棋士になるぐらいの天才ですので、藤井聡太棋士の通っている中学校の偏差値もさぞかし高いのでしょう。

 

気になったので調べてみたのですが、藤井聡太棋士の通っている中学校は「名古屋大学教育学部附属中学校」という学校。

この名古屋大学教育学部附属中学校の偏差値は、66とも言われています。

 

偏差値66というのは、全国でもトップクラスの偏差値を誇っており、愛知県内ではダントツの1番。

 

いや~、やっぱり藤井聡太棋士は偏差値も高かったんですね。

個人的には、まだ羽生善治三冠の時代が続くと思っていますが、その中に藤井聡太棋士がどのように食い込んでいけるかが、今後の将棋界の楽しみです!

 

このブログ内での将棋に関連する記事はこちらです!

松山ケンイチが将棋映画で太った棋士の役作り!その画像が衝撃的

村山聖と羽生善治の対戦成績にみる名人への執念が胸アツ!

村山聖は3月のライオンの二海堂晴信のモデル?気になる共通点は


-アスリート, 時事, 未分類, 豆知識