107キロ会社員の満腹日記

面白くて美味しいお話をご紹介していきます。

イベント 時事 未分類 豆知識

恵方巻きの由来をスッキリで紹介!江戸時代に花街の芸者が始めた?

Sponsored Link

2017/02/02

恵方巻きの由来

恵方巻き 由来 スッキリ 江戸時代 花街 芸者

今年も2月3日の節分が近付いてきましたね。

近年、節分と言えば「恵方巻き」というイベントが必ずと言っていいほど付いてきます。

 

個人的にこの恵方巻きが大好きで、毎年様々な企業の恵方巻きを注文して楽しんでいます。

各企業、毎年様々な恵方巻きを企画して販売していますが、結局のところセブンイレブンの恵方巻きが一番美味しいような気がしています。

 

セブンイレブンの恵方巻きはとてもシンプルでスタンダードではありますが、具材の味が引き立っていて何本でも食べられるような恵方巻きなんです。

 

節分の日に恵方巻きを食べるというイベントも、ここ数年で一気に習慣化してきましたよね。

今から約20年前の1998年に、セブンイレブンが「丸かぶり寿司 恵方巻」という商品名で売り出したことで、節分の日には恵方巻きを食べるという食文化が普及したのです。

 

ここで気になるのは、恵方巻きのそもそもの由来だと思います。

 

確かにセブンイレブンがその食文化を広げたというのはあると思いますが、もっと昔から恵方巻きを食べる文化はあったと思うんです。

その気になる由来について、今回はご紹介していきたいと思います。

スッキリで紹介

恵方巻き 由来 スッキリ 江戸時代 花街 芸者

1998年に大手コンビニエンスチェーンのセブンイレブンが、「丸かぶり寿司 恵方巻」という商品名で恵方巻きを売り出したことで、2月3日の節分に恵方巻きを食べるという食文化が定着しました。

 

今年もコンビニエンスストア各社のみならず、様々な企業が節分を商機として恵方巻きを売り出します。

個人的には、今年もセブンイレブンの恵方巻きをいくつか注文したので、しっかり味わいたいと思います。

 

少し話が逸れましたが、恵方巻きを食べるようになった由来について少し調べてみました。

 

すると、以前に日本テレビの朝の情報番組「スッキリ」にて、恵方巻きの由来について紹介していました。

 

スッキリでは恵方巻きの由来について、大阪のお寿司屋さんが始めたものだと言っていましたが、実は恵方巻きの由来には諸説あるようですので、スッキリで紹介された由来以外のものも紹介していきますね。

江戸時代に花街の芸者が始めた?

Sponsored Link

今年の恵方巻きを食べる恵方は、北北西になりますのでご注意ください。

 

先ほどはスッキリで放送していた恵方巻きの由来についてご紹介しましたが、その他の説についても触れていきます。

 

最も一般的なのは、江戸時代に花街の芸者さんが始めたとされる説。

七種類の具材を七福神に見立てて、商売繁盛を祈念して食べ始めたというもの。

 

その他には「厄落とし」の意味を込めて食べ始めた、という説もありますし、そもそも巻き寿司を食べる際に切り分けるのが面倒だったので、丸かぶりで食べ始めた、という説もあります。

 

結局のところ、どういう由来があるのかは解明されていませんが、恵方巻きを食べて商売繁盛を祈念するという意味で今後も広がっていくと思います。

 

節分の一大イベント「恵方巻き」

これからも消費者として盛り上げていきたいと思います。

 

こちらのブログで人気の記事はこちらです!

TPPにトランプが反対の理由は?アメリカのメリットとデメリット

プレミアムフライデーはいつから?公務員と経団連企業に非難の嵐

森のくまさん訳詞・作詞は馬場祥弘じゃない?詐欺師と呼ばれる真相


-イベント, 時事, 未分類, 豆知識