イベント 政治 時事 未分類 豆知識

セルフメディケーション税制のレシートは他人のも使用可能なのか?

セルフメディケーション税制はレシートでOK

セルフメディケーション税制 レシート 他人 使用 可能

セルフメディケーション税制がついに2017年1月1日から始まりましたね。

 

このセルフメディケーション税制が施行されると知った時は、ついに来たな…という感じがしました。

実際にセルフメディケーション税制が施行されることで、ドラッグストア業界が盛り上がる可能性がありますし、そのことが経済に与える影響も大きいのでは?と予測しています。

 

今回は、2017年1月1日から始まった「セルフメディケーション税制」についてや、他人のレシートも使用可能なのか?

また、医療費控除との違いについてもご紹介していきたいと思います。

 

まずは、そもそも「セルフメディケーション税制」とは何なのか?からお伝えしていきますね。

 

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション税制というのは、簡単に言えば医療費控除の特例みたいなものです。

健康診断などを受けている人が、一部の市販薬を購入した際に所得控除を受けられるという嬉しい制度。

 

現在、医療費が国の財政を圧迫していることも、このセルフメディケーション税制が始まる大きなきっかけとなりました。

 

具体的には、「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人」として、以下の定期健康診断などを受けている人が、2017年1月1日以降に、市販薬(要指導医薬品および一般用医薬品)のうち、医療用から転用された特定成分を含む医薬品を年間1万2000円を超えて購入した際に、1万2000円を超えた部分の金額(上限金額:8万8000円)について所得控除を受けることができます。

引用元:日本一般用医薬品連合会HP

 

要するに一部の市販薬を、1年間で1万2000円を超えて購入した方は、所得控除を受けられる制度ということ。

 

ただし、このセルフメディケーション税制で注意が必要な点は、通常の医療費控除との併用が出来ないという点です。

従来通りの医療費控除を受けるか、セルフメディケーション税制を受けるかについては申告者が自らで決定することが出来ます。

 

セルフメディケーション税制の対象となる人は、普段から適切な健康管理を行っていると判断される人になります。

 

適切な健康管理というのは…

 

1、特定健康診断(メタボ検診)

2、予防接種

3、定期健康診断

4、健康診査

5、がん検診

 

この上記5つのいづれかを受診する必要があります。

 

これには、勤務先での定期健康診断も含まれているので、会社員であればほぼ皆さんがセルフメディケーション税制の対象になり得ると思います。

 

また、セルフメディケーション税制は、対象の市販薬を購入したレシートがあれば申告出来るところも、手軽にこの制度を利用出来る要因。

さっそく、セルフメディケーション税制対象の市販薬を購入した場合は、レシートを保管していくことをおススメします。

他人のレシートでも使用可能なのか?

セルフメディケーション税制 レシート 他人 使用 可能

2017年1月1日から始まった、医療費控除の特例「セルフメディケーション税制」

 

上記に、セルフメディケーション税制を受けられる条件をいくつか記載しましたが、どれもそこまで難しくない条件でしたよね。

ですので、市販薬を年間で1万2000円を超えて購入する場合は、間違いなくセルフメディケーション税制を適用して申請した方がお得なんです。

(年間10万円以上の医療費って、なかなか使いませんもんね)

 

ここで気になるのが、セルフメディケーション税制は対象の市販薬の購入レシートがあれば申請が出来るという点。

この申請方法を悪用して、他人にセルフメディケーション税制対象の市販薬のレシートを転売する人が現れるのでは?ということが気になります。

 

セルフメディケーション税制対象の市販薬を購入した人が、例えばその市販薬を転売し、さらにそのレシートすらも転売すれば、かなり大きな儲けに繋がると思いますし、実際にそんなことをする人がいてもおかしくありませんよね。

 

現段階で、セルフメディケーション税制対象市販薬の購入レシートを使用しての悪いビジネスが蔓延していくかは不明です。

セルフメディケーション税制の制度自体は、他人のレシートでも所得控除を受けられそうな雰囲気もありますので、取り締まりを強化して欲しいと思いますね。

医療費控除との違い

Sponsored Link

ここまで、セルフメディケーション税制とは何か?や、他人のレシートも使用可能なのか?ということについて、紹介してきました。

 

最後に、セルフメディケーション税制と従来の医療費控除との違いを簡単にまとめたいと思います。

 

一言で言えば、医療費控除は年間10万円以上の医療費が対象。

セルフメディケーション税制は年間1万2000円以上の対象市販薬の購入が対象、ということ。

 

病院などでの医療費は年間10万円も掛からないけど、市販薬は年間3万円ぐらい購入しているという方にとっては、間違いなくセルフメディケーション税制を申請した方がお得になりますので、是非ともチェックしてみて下さいね!

 

こちらのブログで人気の記事はこちらです!

プレミアムフライデーはいつから?公務員と経団連企業に非難の嵐

森のくまさん訳詞・作詞は馬場祥弘じゃない?詐欺師と呼ばれる真相

プレミアムフライデー実施企業一覧!イオンや旅行各社の取り組みは

Sponsored Link
 

-イベント, 政治, 時事, 未分類, 豆知識