時事 未分類 芸能 豆知識

小林麻央 退院で終末医療を1月から始めるのは余命を覚悟したから?

小林麻央が退院で終末医療へ?

小林麻央 退院 終末医療 1月 余命

小林麻央さんがついに終末医療を迎えるのでは?という噂が、ネット上を中心に飛び交っています。

 

その理由は小林麻央さんが1月28日に更新したブログで、医師と相談をして退院日を決めたと綴っているのです。

 

12月末に再入院をしてから放射線治療を続けていた小林麻央さんですが、ようやく治療のめどが立ったのでしょうか?

自分はそのようには考えていません。

 

小林麻央さんは退院をして終末医療を迎えるのでは?という、現在飛び交っている噂が正しいと考えています。

 

ちなみに終末医療というのは、ターミナルケアとも言われています。

 

この終末医療(ターミナルケア)は、重い病気に掛かった人が末期で不治と判断された時に、治療よりも心身の苦痛を和らげて、穏やかに日々を過ごせるように配慮する療養法のことを指します。

 

小林麻央さんも、子供たちの近くにいることが自身の栄養になるとブログで綴っていますので、夫の市川海老蔵さんや子供たちと過ごすことで回復を目指すのだと思いますね。

いや~、退院をして終末医療をすることで、小林麻央さんが少しでも元気になってくれることを願っています。

1月から始める理由

小林麻央 退院 終末医療 1月 余命

自身のブログで退院日を決めたことを報告し、夫の市川海老蔵さんや子供たちと一緒に過ごすことを決めた小林麻央さん。

 

終末医療を迎えると言われていますが、なぜこのタイミングで開始をするのでしょうか?

 

12月末に再入院をし、放射線治療を続けてきた小林麻央さんですが、あくまで推測ですが恐らくそこまで目に見える効果が表れなかったんだと思います。

 

かなり苦しい放射線治療の効果が表れなかったことが、小林麻央さんに退院をして終末医療を迎えることを決断させたのではないでしょうか。

 

乳がんが皮膚転移をしているとか、おなかに腹水がたまっているとか、あまり良くない状況が報じられている小林麻央さんですが、この終末医療で何かを変えて欲しいと思っています。

このことが、小林麻央さんが終末医療を1月から始める理由なんだと思います。

余命を覚悟したから?

Sponsored Link

終末医療というのは、基本的には重い病気に掛かった患者が、現行の治療法では回復が見込めなくなった際に実施する治療法。

 

もちろん回復を目指すのですが、逆を言えばもう手の施しようがないので、最期は家族と過ごす時間を設けたいという方が実施する割合が高いそうです。

 

もしかすると小林麻央さんも自身の余命を覚悟したからこそ、この終末医療を迎えている可能性もありますよね。

 

個人的には信じたくないことではありますが、もしそうだとしたら、市川海老蔵さんや子供たちと心穏やかな時間を過ごして欲しいと思います。

 

ただ、病気には絶対に負けて欲しくないですし、小林麻央さんが回復することを信じています。

 

小林麻央さんに関する他の記事はこちらです。

小林麻央の再入院は余命を覚悟したから?骨転移の深刻さについて!

小林麻央の痛みは骨転移が原因!放射線治療や酵素風呂で余命が変化?

市川海老蔵の子供がダウン症と噂される原因は?長男・長女を検証!


-時事, 未分類, 芸能, 豆知識