アーティスト テレビ番組 時事 未分類 芸能

星野源の病気はパニック障害?後遺症や再発の可能性について

星野源の病気はパニック障害?

星野源 病気 パニック 後遺症 再発 可能性

星野源さんと言えば、「逃げるは恥だが役に立つ」「恋ダンス」という、世の中に大きな影響を与えているコンテンツの中心にいる俳優さんですよね。

俳優という顔だけでなく、アーティストとしてもその才能を多くの人に認められています。

 

「逃げ恥」のブームは本当に大きかったですね。

「逃げ恥」のエンディング曲として歌っている「恋」で、大晦日の紅白歌合戦への出場も決定しています。

 

この紅白歌合戦で、逃げ恥でも共演している新垣結衣さんとの恋ダンスでの共演が噂されており、多くの逃げ恥ファンはその実現を心待ちにしているんです。

 

2017年以降も、星野源さんの活躍は絶対に続いていくと思いますね。

ドラマや映画はもちろんですが、アーティストとして多くのフェスに出演していくはずです。

 

今回は、2017年以降の活躍も間違いなしと言われている星野源さんについて、特に彼が過去に患った病気についてご紹介していきたいと思います。

また、その病気の後遺症や再発の可能性についてもまとめてみました。

星野源さんの健康面は、ファンだけじゃなくても気になるところですからね。

 

星野源さんは、2012年にくも膜下出血と診断され、俳優やアーティストとしての活動を休止しています。

早めに活動を休止したおかげで、3ヶ月程度で活動を再開することが出来ました。

くも膜下出血を乗り越えて、これから一気にブレイクしていくかなと思った2013年6月、定期健診を受けた結果、手術をした箇所が思わしくないとのことで、再びの活動休止を余儀なくされます。

 

辛いですよね、ブレイクが目の前にあるというのに。

 

更にこの頃、パニック障害も発症しているのでは?と言われています。

パニック障害というのは、対人関係で急に恐怖心を感じてしまったり、混雑した電車に乗ると目まいが止まらなくなる、といった症状の出る病気。

星野源さんも、くも膜下出血からパニック障害を引き起こしたと言われていますが、実は真相は分かっていません。

 

個人的にはですが、星野源さんのコミュニケーションを見ていると、パニック障害ということはないと思いますがね。

2013年6月から活動を休止していた星野源さんは、2014年2月に日本武道館で復帰を果たしました。

この時は、いちファンとしてかなり感動しましたね。

後遺症はあるのか

星野源 病気 パニック 後遺症 再発 可能性

31歳という若さにも関わらず、くも膜下出血を発症し2度の活動休止を経験している俳優・アーティストの星野源さん。

2014年2月の日本武道館での復帰ライブ以降は、特に大きな病気もなく活動を続けてきました。

 

その間に、数々のヒット曲をリリースしてきましたし、俳優としても演技の幅を広げていったのです。

 

ですが、今年11月の「ベストアーティスト」という音楽番組を、体調不良を理由に出演をキャンセルしました。

主演してるドラマ「逃げ恥」が佳境に入っている時期ですし、この星野源さんの体調不良にはファンは大きな不安を覚えたと思います。

 

もしかすると、くも膜下出血の後遺症なのか?という声もありました。

実際に星野源さんには、くも膜下出血の後遺症はあるのでしょうか?

 

結論から言いますと、星野源さんには後遺症は見られませんし、定期健診でも見つかっていないとのことです。

この体調不良は、恐らく過労からくるものだったんだと思います。

あ~、一安心ですね。

再発の可能性について

Sponsored Link

星野源さんの後遺症について、ファンのみならずとも大きな関心を寄せています。

そりゃあ、そうですよね。

 

逃げ恥の大ヒットもありますし、紅白歌合戦への出場もありますから。

星野源さんの活躍は、2017年以降も約束されたようなものですよ。

 

そんな星野源さんは、31歳の時にくも膜下出血を発症しています。

現在のところ、後遺症は認められていませんが、再発の可能性についてはどうなんでしょうか。

 

くも膜下出血は、再発する可能性のある病気ではありますが、星野源さんはしっかりと手術もしていますし、定期健診も受けているので、急な再発については心配ないと思います。

絶対に再発だけはして欲しくないですよね。

今のところ、パニック障害の可能性も低いですし、後遺症や再発の可能性も低いと考えられます。

これで、来年以降も星野源さんの活躍をテレビで見ることが出来そうです!

Sponsored Link
 

-アーティスト, テレビ番組, 時事, 未分類, 芸能