107キロ会社員の満腹日記

面白くて美味しいお話をご紹介していきます。

体験 時事 未分類 豆知識

3.9+5.1=9.0の正しい解答は?不正解で減点対象の理由

Sponsored Link

3.9+5.1=9.0が話題

3.9+5.1=9.0 正しい 解答 不正解 減点 理由

3.9+5.1=9.0という数式が、今ネットを中心に大きな話題になっています。

もはやネット上だけでなく、現実世界でも注目を集めており、この数式について様々な意見が寄せられている状況。

 

なぜ今、3.9+5.1=9.0という簡単な数式が話題になっているのかについて。

また、この数式の正しい解答。不正解で減点対象となった理由についてご紹介していきたいと思います。

 

一見、3.9+5.1=9.0という数式は正しいような気がしますよね。

自分にこの問題を出されたとしても、恐らく「9.0」と答えると思います。

この数式が話題になっている理由は、ある一人の女性のツイッターでのつぶやきが発端でした。

小学校3年生の姪っ子さんの、算数のテストでこの数式の問題が出され、姪っ子さんが「9.0」と答えた際に「9.0」ではなく「9」とされたそうなんです。

個人的には、「9.0」も「9」も同義なので、この先生の採点には大きな疑問が残ります。

 

自分が小学校3年生の時にこのような仕打ちを受けていたら、算数のことを嫌いになっていたかもしれません。

ただ、今こういった指導が教育現場でされているということが分かり、自分以外にも大きな衝撃を受けている人が多数いるということです。

正しい解答は?

3.9+5.1=9.0 正しい 解答 不正解 減点 理由

このツイッターでのつぶやきを見た瞬間は、正直「なにかの間違いだ」「どうせ悪い冗談で、ネタかなにか」と思っていた自分は、改めてこの数式が話題になったタイミングで、その認識は誤りだったことに気付きました。

いや~、本当に自分は「9.0」も「9」も変わらないと思うんですけどもね。

 

実際に多くの方が、ツイッター上で「9.0」と回答をして減点されている現状について、今の教育はおかしいという旨の発言をしています。

では実際に、3.9+5.1=の正しい解答は何なのでしょうか?

 

実は、文部科学省に問い合わせた人がいたようで、その時の回答はこちらになります。

「基本的には『9』と『9.0』は同じと考えている」

「『.0』を付けてはいけないというルールは学習指導要領にはなく、文科省が指示しているものではない」と説明しており、斜線で消すというルールについては「教科書にはそうするように書かれている」とのこと。

しかし「『.0』を書いた場合減点するよう指導しているわけではない」

なるほどなるほど。

要するに、文部科学省では「9.0」と書いた時に減点するような指導はしておらず、教育現場単位にその指導法は任せられているということなんですね。

 

となると、今回こういった採点をした教育現場はおかしいのでしょうか?

正しい解答は「9.0」のような気もするのですが。

不正解で減点対象の理由

Sponsored Link

文部科学省では、このような指導はしていないとされている、3.9+5.1=9.0での減点問題。

文部科学省の方も言っていますが、そういう指導はしていないものの、そういったように教科書には書いている、と。

 

これも、教科書を出版する出版社によって考え方の違いがあり、この回答で不正解となり減点対象となる理由も、出版社によって違うようなのです。

 

ん~、なんで統一されないんですかね。

 

ちなみに、東京書籍という出版社の発行している教科書ですと、「4.0」と「4」は同義で、どちらでも正解といった旨の教育指導をしています。

この東京書籍の教科書を使って指導をしている小学校では、きっと今回の3.9+5.1=9.0は正解だったのでしょう。

 

今思うのは、このような採点をされた生徒は他にも沢山いるでしょうし、その生徒たちが算数を嫌いにならないで欲しい、ということだけです。

この「3.9+5.1=9.0」問題から学ぶことは沢山ありますので、現場ではそれを活かして教育していくことが必要だと思いますね。

 

こちらのブログで人気の記事はこちらです!

スーパーフライデー 11月はどんな特典?いつまで継続かも調査!

TPPにトランプが反対の理由は?アメリカのメリットとデメリット

ブラックフライデー2016 トイザらスやイオンが超値引き?


-体験, 時事, 未分類, 豆知識