107キロ会社員の満腹日記

面白くて美味しいお話をご紹介していきます。

テレビ番組 未分類 芸能 食べ歩き

石神秀幸が最低発言。ツイッター炎上のラーメン王がニノさんに出演

Sponsored Link

2016/08/21

神の下を持つ石神秀幸をご存知ですか

2192-4

石神秀幸さんと言えば、「ラーメン王」としてのイメージが強いと思いますが
彼の美食志向はラーメンだけに留まりません。

和食、洋食、中華など、幅広いジャンルの料理を食べ尽くしています。

「食べ尽くす」という表現がピッタリなぐらいの生活を過ごしており
365日毎日毎食、外食をしているとのことです。

そんな石神秀幸さんのプロフィールを簡単にご紹介します。

現在43歳の石神さんは東京都世田谷区の出身。
「TVチャンピオンラーメン王選手権」の第3回・4回と連続して優しました。

番組へは当時付き合っていた彼女が応募をしたようなのですが
この時の他を寄せ付けない圧倒的な勝ち方は今でも覚えています。

その後、「神の舌を持つ男」というキャッチフレーズで
ラーメン評論家としての活動をスタートさせました。

この時の「ラーメン王」としてのイメージが強烈過ぎたので
今でも石神さんの専門はラーメンだと思っている方が多いのではないでしょうか。

石神秀幸の食に対するこだわり

20131216012611

「神の舌を持つ男」の食に対するこだわりは、もう尋常なものではありません。

石神さんが大切にしているスタイルは「様々な食を知る必要性」です。
これは「一つの食を極めるため」で、365日様々な料理を外食しているのです。

彼は特定の飲み物を飲み、味覚の状態を常にフラットにしています。
加えて小食であり、ラーメンを食べる場合でも麺を半分にしてオーダーをすることで有名です。

この異常なまでのこだわりは、自分自身の味覚が人並み以上に発達していることに気付いた
小学生時代にまでさかのぼります。

中学生時代には「美味しんぼ」という漫画を読み、食の世界への興味を更に広げることになります。
それ以降、独自の方法で自身の舌を訓練し続けており、味覚に対しての絶対的な自信を持つようになりました。

ある時出演したテレビ番組「情熱大陸」において味覚検査を受けたのですが
その時の結果で味覚の確からしさが実証されています。

「食」に対する強すぎるこだわりで
「自分の人生において、素人の作った料理を食べることは無駄」
という発言をしており、ちょっと痛いキャラとしても有名です。
(これは以前付き合っていた彼女が手料理を作った際に感じたことらしいです)

ツイッターは炎上祭り

Sponsored Link

そんな「食」に対する熱すぎる想いを持っている石神さんですので
彼のツイッターは常に炎上状態、だというのです。

石神さんは無類の合コン好きなようで、よく合コンに行っているとのこと。
その際に「女性に腕枕をしてもらう」という、かなり変わった趣味を暴露し炎上。

他にも、「人生が変わる1分間の深イイ話」に出演した際に
独自の健康法を披露したのですが、運動してる人たちに対して
「健康のために運動してるっていう人がいるけど、僕に言わせればナンセンス」や
「頑張って走ってる人とかいるでしょ?あれ見ると、スピーディに動いてるバカがいる!と思うよね」
などなど、それ言ったら絶対に炎上するじゃんってこともサラッと言っちゃうんですよね。

最低な発言をしていることをもろともしない強靭なメンタルを持っています。

自分はこの時気付きました。

「石上秀幸さんは、炎上を恐れていない」と。

そんな過激な発言で注目を集める石神さんが、「ニノさん」に出演します。
恐らく今回も面白い発言で私たちを楽しませてくれると思いますよ。


-テレビ番組, 未分類, 芸能, 食べ歩き