107キロ会社員の満腹日記

面白くて美味しいお話をご紹介していきます。

体験 時事 未分類 豆知識

雪道の歩き方のコツをご紹介!転倒して怪我をしない方法とは?

Sponsored Link

雪道の歩き方のコツをご紹介

雪道 歩き方 コツ 転倒 怪我 方法

本日11月24日は、東京都など関東の平野部でも雪が降るかもしれない、なんていうニュースが流れていますよね。

11月に降雪を観測すれば54年振り、積雪になると観測史上初のケースになるそうです。

 

自分は秋田県の出身なので、子供の頃から雪はとても身近な存在でした。

冬になれば雪は降ってきますし、日常的に雪道を歩いて通学したものです。

 

ですが東京では、ほとんど雪に触れることはありません。

2年前に大雪が降って積もった時は、東京では都市機能がマヒしていたと言っても過言ではありませんでした。

 

東京の電車とかバスは、雪に本当に弱いな~と感じました。

あの時の混乱が、明日の降雪によって再び引き起こされるかもしれません。

 

もちろん雪が降らないに越したことはありませんが、万が一積雪になって、雪道を通勤・通学しなくてはいけない時の為に、雪道の歩き方のコツをご紹介したいと思います。

秋田県民がお伝えする内容ですので、少しは参考になるかと。

細かい歩幅で歩く

これは非常に重要なポイントです。

雪道では、絶対に大股で歩くようなことはしないで下さい。

細かい歩幅を保って歩くことで、予期せぬ場所で滑って転ぶリスクを減らすことが出来ると思います。

歩幅が狭いと足を高く上げることもありませんしね。

 

靴裏全体に体重を乗せる

これも非常に重要なポイント。

細かい歩幅で歩き、なおかつ靴裏全体に体重を乗せましょう。

靴裏全体に体重を乗せて、すり足をするような意識で歩くと転ぶリスクは本当に減ります。

 

是非とも参考にしてみて下さい!

転倒して怪我をしない方法とは?

雪道 歩き方 コツ 転倒 怪我 方法

ここまで、雪道を歩くコツをご紹介してきました。

 

細かい歩幅で、靴裏全体に体重を乗せ、すり足のように歩く。

この3つを意識するだけで、転ぶ確率はガクンと下がると思います。

 

それでも転倒してしまうことはあるかもしれません。

そんな時に怪我をしない方法もご紹介しておきます。

 

基本的に雪道を歩く際は、体重を自分の前方に掛けてください。

重心を前に置くのです。

そうすることで、万が一転倒した時にも前に転びますので、雪道に手をついて大きな怪我を防ぐことが出来るのです。

おすすめの靴について

Sponsored Link

11月としては、54年振りの降雪が予報されている東京都。

この記事を書いているのが0時過ぎですが、一気に気温も下がってきたようです。

 

ここまで雪道の歩き方のコツや、転倒しても怪我をしない方法などをご紹介してきましたが、最後におすすめの靴についてもご紹介します。

雪道でのおすすめの靴は、間違いなく「長くつ」です。

 

長くつは、雪道対策としては非常に有能な靴なんです。

足裏にはグリップの効いたスパイク機能がありますし、中に水が入ってこないような高さもあります。

 

是非とも、靴棚に眠っている「長くつ」を引っ張り出してきてはいかがでしょうか?

あとは、時間に余裕を持った行動を心がけていきましょう。


-体験, 時事, 未分類, 豆知識