体験 時事 未分類 豆知識

スプラウト栽培の注意点は?光の管理や温度の管理等のコツをご紹介

2016/11/20

スプラウトとは

スプラウト 栽培 注意点 光の管理 温度の管理 コツ

スプラウトという言葉が、最近にわかに注目を集めています。

 

これは、この夏に連続で日本を襲った台風の影響や

地震の影響で野菜が高騰しているため、だと考えられます。

 

 

野菜、本当に高いですよね。

 

 

 

 

今、スーパーに行くとレタスとかネギが本当に高い!!

 

 

どちらも大好きな食材なのにも関わらず、

なかなか手が出せない…なんて現状になっています。

 

 

 

あ~、レタス食べたいな~。

 

 

 

…ちょっと話が逸れましたが、今回は今大きな注目を集めている

スプラウトについて皆さんにご紹介したいと思います。

 

最近では、スプラウトを家庭で栽培する人が増えていますよ!

 

ツイッターなんかにも、けっこうUPされていますからね。

 

 

そもそもスプラウトとは、穀類・豆類・野菜の種子を人為的に発芽させた新芽で

その発芽した芽と茎を食用とする野菜です。

 

まぁ言ってみれば、モヤシと同義語だと思います。

 

スプラウトは、主にブロッコリーやかいわれ大根が主流になっていますよね。

 

スプラウトの中では「モヤシ」が一番有名なんでしょうか。

 

モヤシ・ブロッコリー・かいわれ大根と聞くと、

「そんな野菜に栄養価なんてあるのか?」と疑問を持つ方もいると思いますが

発芽に伴う代謝の中で、種子の時には無かった栄養素や成分が生成されます。

 

 

「酵素を多く含む食材」として注目もされていますし、

実は「がんの予防効果」も認められており、一時期はアメリカで大きなブームになっていたんです。

 

今回は、そんなスプラウトを栽培する上での注意点や

光・温度の管理をどのようにしたら良いのか?といったコツなんかも

皆さんにお伝え出来ればなと考えています。

スプラウト栽培の注意点は?

スプラウト 栽培 注意点 光の管理 温度の管理 コツ

では早速ですが、スプラウトを栽培する際の注意点からお伝えしていきますね。

 

基本的には暗室で、あまり光を当てずに育てるので、

栽培はそんなに難しくないのでは?と考える方が多いと思います。

 

 

基本的な考え方としては「簡単に栽培が出来る」というもので間違っていません。

 

 

大体1~2週間程度で収穫が出来てしまうんです。

 

 

ですが1点だけ、スプラウトを栽培する際に注意しなくてはいけないことがあります。

 

 

それは…、カビの発生、です。

 

 

 

 

カビ!?

 

 

 

 

カビって、どこにでも発生する可能性がありますよね。

 

 

 

 

そうなんです。

 

 

 

 

カビって、どこにでも発生する可能性があるんです。

 

ですので、スプラウトを栽培する際には、水のやり方に注意が必要なんです。

 

こまめに水の交換をするとか、栽培に使用するキッチンペーパーを

新しいものと交換する…などがポイントになります。

 

 

 

 

大事なことなので、もう1回言いますね。

 

 

 

 

スプラウト栽培の注意点は「カビを発生させない」ことです!

光や温度の管理などコツをご紹介

Sponsored Link

水やキッチンペーパーをこまめに交換することでカビの発生を防ぐ。

 

これがスプラウト栽培の注意点だとご紹介してきました。

 

ここからは、スプラウトを上手に栽培するコツもご紹介したいと思います。

 

 

スプラウトを上手に栽培するコツは「光や温度の管理」になります。

 

 

スプラウトで最もメジャーなのは「ブロッコリー」と「かいわれ大根」

 

 

この2つは、「かいわれ型(アブラナ科型)」と言われており、

他の分類のスプラウトとは育て方が異なるのです。

 

では具体的にどのように育てるのでしょうか?

かいわれ型の栽培のコツとは

かいわれ型と呼ばれるスプラウトの栽培のコツは、

光と温度の管理にあります。

 

この型は、茎が伸びるまでは暗室で育てます。

 

茎が伸びきる前に光に当ててしまうと、上手に育ちません。

 

また、茎が伸びた後に光を当てる際も、

たっぷりの光を浴びせないと上手に緑化しません。

 

 

この時のコツは、日当たりの良い窓際にスプラウトを置くことです。

 

 

たっぷりの日光に当てることで、栄養価も格段にUPします。

 

 

また、スプラウト栽培に適した温度は20~25℃と言われていますので

室温をこのぐらいの温度に保つことも重要です。

 

 

秋から冬にかけては室温も下がりますので、注意が必要になります。

 

以上のことを踏まえれば、誰でも簡単にスプラウトを栽培することが出来ますし

野菜が高騰している現在では、家計の節約にも繋がると思いますよ!

 

ぜひぜひ、スプラウトの栽培にチャレンジしてみて下さいね!

Sponsored Link
 

-体験, 時事, 未分類, 豆知識