107キロ会社員の満腹日記

面白くて美味しいお話をご紹介していきます。

イベント 政治 時事 未分類 豆知識

トランプ大統領の確率や可能性は?株価や為替など日本へも影響!

Sponsored Link

2016/11/20

ドナルド・トランプとは

トランプ 大統領 確率 可能性 株価 為替 日本 影響

アメリカの大統領を決める「大統領選」の投票日が、残り1週間と近付いてきました。

 

共和党候補者のドナルド・トランプ氏と、民主党候補者のヒラリー・クリントン氏の一騎打ち。

 

今回は、共和党候補者のドナルド・トランプ氏について、

実際にドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領になる確率や可能性、

大統領になった時の株価や為替といった観点からの日本への影響について

ご紹介していきたいと思います。

 

単純にドナルド・トランプ氏の方が人間的には面白いですからね笑

 

まずはじめにドナルド・トランプ氏についてですが、1946年6月14日生まれで現在70歳。

 

ちょっと大統領になる人間としては高齢なイメージもありますが、

ドナルド・トランプ氏にとってはそれは一切関係ないのかもしれません。

 

ドナルド・トランプ氏の言動は若さに溢れており、70歳で大統領に就任したとしても

恐らくなんの不安もなく公務を執行してくれると思います。

 

ドナルド・トランプ氏と言えば、不動産王として知られており

アメリカ全土にドナルド・トランプ氏の保有している物件が立ち並んでいます。

 

そこで得た豊富な資金を生かして、今回のアメリカ大統領選もここまで進んできたのです。

 

数々の名言や失言を残してきましたが、一貫して白人至上主義を貫いており

個人的にはそこに関しては相容れない部分があります。

 

また、女性蔑視の発言についても多くの有権者からブーイングを集めており

普通に考えればヒラリー・クリントン氏が大統領に就任することが予想されていたのです。

 

ところがアメリカ大統領選の投票日1週間前になって、

事態は大きく予測もしていなかった方向へと進んでいる雰囲気があります。

大統領になる確率や可能性は?

トランプ 大統領 確率 可能性 株価 為替 日本 影響

アメリカ大統領選の共和党候補者のドナルド・トランプ氏。

 

数々の失言や女性蔑視、女性スキャンダルで支持率を落としてきました。

 

また、3回行われた討論会でもアメリカ大統領としての品格に欠ける、

といった評価を多くの視聴者に与えてしまい、どう考えても不利な状況にいたのです。

 

ですが、民主党候補者のヒラリー・クリントン氏の弱点がここに来て注目され始めました。

 

それは、ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題です。

 

この私用メール問題に、FBIが再捜査に乗り出すことが決まり

そのことがヒラリー・クリントン氏の支持者たちの投票意欲を損なってしまっているのです。

 

最新のABSテレビが公開した世論調査(11月1日現在)では、

なんとヒラリー・クリントン氏の支持率をドナルド・トランプ氏が上回っています。

 

と言っても、46%と45%ですので大きな差はありませんが

 

これだけドナルド・トランプ氏の女性蔑視問題が騒がれている中での支持率逆転ですので

本当にドナルド・トランプ氏が大統領になる可能性が出てきたと思われます。

 

ただアメリカ大統領選の難しいところは、有権者の投票よりも

各州に存在する「選挙人」という方の影響が大きいので、

単純に支持率だけでは図れない部分があるのも事実です。

 

ドナルド・トランプ氏が大統領になる確率は、個人的には50%だと思っています。

株価や為替など日本へも影響

Sponsored Link

選挙終盤に来て一気に追い上げてきたドナルド・トランプ氏。

 

実際にアメリカ大統領になる確率も50%程度まで回復してきたと予想しています。

 

では実際にドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領になった際の

日本への影響はどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず第一に日本にあるアメリカ軍に関する予算が問題になりますよね。

 

ドナルド・トランプ氏は一貫して、日本への金額負担をしろと言っていますし

その考えに同調する世論が少なからず存在することは間違いありません。

 

ドナルド・トランプ氏が大統領になることで、日本の防衛費・防衛戦略は

大きな転換点を迎えるかもしれないのです。

 

また、次に気になるのが株価や為替への影響です。

 

ドナルド・トランプ氏はアメリカの貿易保護主義を訴えており

「日本の行き過ぎた円安誘導は絶対に許さない」といった過激な発言を繰り返しています。

 

ですので、間違いなく為替は円高に動いていくでしょう。

 

個人的な予想ですが、1ドル95円程度までは円高が進んでいくと思います。

 

となると、日本の基幹産業もある自動車業界に大きな影響だ出ますよね。

 

その他の輸出企業への影響も出ますし、そうなってくると日本の株価は

また下落していくと予想されます。

 

日本の基幹産業でもある自動車業界が、ドナルド・トランプ氏が大統領になることで

大きな影響を受けてしまう。

 

これは間違いありません。

 

かといって、ヒラリー・クリントン氏が大統領になったとしても

「日本の過度な円安誘導」に関しては快く思っていませんから

円高に動いていくと思っています。

 

円安誘導をすることでアベノミクスが一定の効果をあげてきました。

 

ドナルド・トランプ氏が大統領になった際に、アベノミクスがどのような追加策を打つのか。

 

こちらにも注目していきたいと思います。

 

まずは11月8日のアメリカ大統領選。

選挙日までのドナルド・トランプ氏の言動から目が離せなくなりました!


-イベント, 政治, 時事, 未分類, 豆知識