アスリート テレビ番組 時事 未分類 豆知識

大谷翔平が165キロ!内川や韓国等の海外の反応をまとめました!

2016/11/20

大谷翔平は日本球界の宝

大谷翔平 165キロ 内川 韓国 海外の反応

自分は小学3年生から野球を始め、高校卒業まで野球に打ち込んできました。

 

野球を10年以上続けてきたからこそ、色んな経験が出来ましたし

何よりも人間性を本当に養えたなと思っています。

 

だからこそ野球が大好きですし、高校野球やプロ野球も

時間があれば観戦するようにしています。

 

そんなプロ野球界において、大谷翔平というスーパースターを

皆さんにご紹介しないわけにはいかない。

 

そんな変な使命感が芽生えてしまいましたので

今回は日本ハムファイターズに所属している大谷翔平について

この場を借りて皆さんにご紹介させて貰います。

 

10月22日から始まる広島東洋カープとの日本シリーズも

ここ数年では最高潮に盛り上がると思います。

 

いや~、本当に楽しみです!

 

それでは、大谷翔平について紹介していきます。

 

大谷翔平は、1994年7月5日生まれで現在22歳。

22歳にして、すでに日本プロ野球界の宝とまで言われているんです。

 

193センチ100キロという、日本人離れしたフィジカル。

 

体重は100キロありますが、足の速さもプロ野球界でも随一。

 

その存在自体が規格外で、これまでのプロ野球選手のスケールを

全ての面において上回っているんです。

 

大谷翔平と言えば、プロ野球界に入る際に二刀流が大きな話題になりましたよね。

 

多くの解説者やプロ野球界のOB達は、二刀流なんて絶対に無理だから

ピッチャーかバッターのどちらかに専念したほうが良いと言ってきました。

 

かなりの逆風もあったと思います。

 

それにも関わらず、大谷翔平本人はそうですが、日本ハムファイターズの

栗山監督も大谷翔平の二刀流を全力でバックアップ。

 

これは、栗山監督自身が大谷翔平の二刀流の可能性を誰よりも感じていたことと

実際にそれに見合うようなパフォーマンスをしてきたからだと思います。

 

大谷翔平はその期待に応え続けてきました。

 

2016年シーズンは、ピッチャーとしては10勝。

 

指のマメを潰すアクシデントもあり、規定投球回数に達しませんでしたが

毎試合安定したピッチングを続け防御率も1~2点台でまとめました。

 

バッターとしてはなんと言ってもホームラン20本を記録。

 

バッターだけに集中している選手ですら、20本のホームランを打つのは

かなりの至難の業なのですが、大谷翔平はそれをやってのけました。

 

規定打席には達しませんでしたが、打率も3割を超えています。

 

 

 

10勝、打率3割、ホームラン20本。

 

 

 

これ、なんなんすか、マジで。

 

こんなプロ野球選手は、過去には一人もいませんでした。

 

大谷翔平のプレーをこの目で見られていることが、本当に幸せです。

 

大谷翔平は日本球界の宝なのです。

 

大谷翔平が165キロを連発

大谷翔平 165キロ 内川 韓国 海外の反応

大谷翔平の凄さを簡単に皆さんにお伝えしたかったのですが

ちょっと熱くなりすぎました。

 

でもそのぐらい、大谷翔平はとてつもない選手なんです。

 

先日行われた福岡ソフトバンクホークスとのCSでも

第1戦は7回を1安打無失点に抑える完璧なピッチングを披露。

 

そして日本中に衝撃を与えたのが第5戦のピッチングではないでしょうか。

 

その試合はDHとして試合に出場していたのですが

最終回の9回表にピッチャーとして登板をします。

 

松田へは163キロ、164キロと、自慢のストレートで押していき

最後は151キロのフォークボールで空振り三振を奪います。

 

151キロのフォークボールって、もう完全にゲームかマンガの世界ですよ。

 

プロ野球の中でも150キロのストレートを投げられないピッチャーが沢山いるのに

フォークボールで151キロを計測してしまう大谷翔平。

 

もうバケモノですよ、バケモノ。

 

そして次のバッターの時に、更なる衝撃が。

 

 

 

 

ついに出ちゃったんです。

 

 

 

 

ストレートで165キロが。

 

 

 

 

165キロって、どのぐらい凄いか分かりますか?

 

アメリカのメジャーリーグですら、165キロを投げられるピッチャーは

数人しかいないんですよ。

 

ということは、大谷翔平は世界でもダントツの選手と言うことです。

 

しかも165キロをその後は連発。

 

もう見ていて、興奮がやばかったです笑

 

大谷翔平がこのままどこか遠い世界に行ってしまうのでは?

という、自分でもよく分からない感情に教われました。

 

日本シリーズでは自身の最速165キロを超えるボールを投げちゃうかもしれませんね。

内川や韓国等の海外の反応をまとめました

Sponsored Link

大谷翔平の165キロは、プロ野球ファンだけに大きな衝撃を与えた訳ではありません。

 

まずは実際に試合をしていた福岡ソフトバンクホークスの選手達ですよね。

 

中でもベンチで大谷翔平のピッチングを見ていた内川の反応が面白かったです。

 

口の動きだけでの判断ですが、「わ~お」って言っていました笑

 

「わ~お」って言いながら、もう笑っていましたもんね。

 

165キロには笑うしかない、という感じだったんだと思います。

 

他には、お隣韓国でも大きな話題になっていました。

 

 

 

「日本人は化け物なのか?!」

 

 

 

「もう完全に韓国のプロ野球界は日本に負けている!!」

 

 

 

「こりゃ韓国の選手が打てるわけないよ…」

 

 

 

その反応は様々なものですが、大谷翔平の凄さを認めてくれているのが

同じ日本人として本当に嬉しかったです。

 

韓国だけでなく、野球の本場・アメリカでも大谷翔平の165キロには

大きな衝撃を受けていました。

 

メジャーリーグのピッチャーを引き合いに出して、

大谷翔平の方が優れている点をツイッターでつぶやいていましたね。

 

さぁ、広島東洋カープ vs 日本ハムファイターズの日本シリーズがいよいよ始まります。

大谷翔平のピッチング&バッティングから、一瞬たりとも目が離せませんよ!

 

他の野球選手についての記事はこちらです。

黒田博樹の自宅は広島のどこ?愛車はマツダではなくベンツだった!

リャオ・レンレイは岡山共生高卒!巨人がドラフトで指名した理由


-アスリート, テレビ番組, 時事, 未分類, 豆知識