アスリート 時事 未分類 豆知識

リャオ・レンレイは岡山共生高卒!巨人がドラフトで指名した理由

2016/11/20

ドラフト会議2016

リャオ・レンレイ プロフィール 経歴 巨人 指名 理由

今年も運命の1日が終わりましたね。

 

すべてのプロ野球ファンにとっては本当に特別な1日。

 

そう、2016年のドラフト会議が、本日10月20日に行われたのです。

 

ドラフト会議の1日は、なぜだかソワソワするんですよね。

 

自分が指名される訳でもないにも関わらず、なんなんでしょうか笑

 

今年のドラフト会議は、創価大学の田中正義投手や

桜美林大学の佐々木千隼投手をはじめとして、逸材揃いの年でしたよね。

 

高校BIG4と呼ばれる投手達にも大きな注目が集まっており、

近年まれにみる競合合戦が繰り広げられました。

 

最大の目玉だった創価大学の田中正義投手は、5球団が競合した末に

福岡ソフトバンクホークスが交渉権を獲得。

 

自分が個人的に注目していた桜美林大学の佐々木千隼投手も

外れ1位の指名でまさかの5球団が競合。

 

これ、本当に史上初のことだと思います。

 

5球団競合の末、千葉ロッテマリーンズの球団社長が当たりくじを引き

交渉権を獲得しました。

 

それ以外にも注目を集めるような選手が数多く指名され

本当に盛り上がったドラフト会議だったんです。

 

そんな中でも、読売ジャイアンツが7位で指名をしたある選手に

今大きな注目が集まっていますので、今回はその選手について

ご紹介していきたいと思います。

 

リャオ・レンレイ投手は岡山共生高卒

リャオ・レンレイ プロフィール 経歴 巨人 指名 理由

2016年のドラフト会議は本当に面白かった。

 

と、後世になって絶対に言われるぐらいに、今年のドラフト会議は

見ごたえがありましたし、指名された選手も魅力的な選手ばかりでした。

 

そんな中、読売ジャイアンツが7位で指名をした

リャオ・レンレイ投手という選手に大きな注目が集まっています。

 

おそらく、熱心なプロ野球ファンやアマチュア野球のファンでも

リャオ・レンレイ投手については知らない人がほとんどだと思います。

 

名前を聞いたことも無ければ、実際のプレーを見たこともない。

 

そんな方ばかりなのではないでしょうか?

 

自分はたまたまリャオ・レンレイ投手について知る機会があったので

知っていましたが…

 

リャオ・レンレイ投手の気になるプロフィールや経歴を簡単にまとめます。

 

リャオ・レンレイ投手は1993年生まれで、現在23歳。

 

その名前からも分かるように、日本人ではありません。

 

リャオ・レンレイ投手は台湾出身で、高校時代に日本の

岡山共生高校で3年間プレーをしていました。

 

岡山共生高校卒のプロ野球選手って、これまでいたんでしょうか。

 

その後は開南大学へ進み野球を続け、2014年と2015年は

アメリカメジャーリーグのパイレーツ傘下のマイナーリーグでプレー。

 

主に中継ぎとしてルーキーリーグで27試合に登板。

 

2勝3敗5セーブ、防御率4.54。35回2/3を投げて25安打21失点(自責18)

25奪三振、22四球8死球の成績を残しています。

 

この成績自体がどうなんだ…という考え方もありますが

このリャオ・レンレイ投手の魅力は、とにかくスピードボールにあるんです。

 

MAX152キロのストレートは、スピードだけでなく力強さも抜群。

 

リャオ・レンレイ投手は身長201センチ、体重が125キロという体格ですので

とにかく角度のあるストレートが素晴らしいんです。

 

リャオ・レンレイ投手がどんな活躍をしてくれるのか、

今から本当に楽しみで仕方がありません。

巨人が指名した理由

Sponsored Link

そんなリャオ・レンレイ投手を、今回なぜ巨人は指名したのでしょうか?

 

というか、台湾人の選手をドラフト会議で指名できるのでしょうか?

 

結論から言えば、リャオ・レンレイ投手は日本の高校で3年間プレーをしているので

日本人枠としての指名が可能になっていたんです。

 

これはちょっと知らなかったですね。

 

また、なぜ巨人がリャオ・レンレイ投手を指名したかと言いますと

やはり圧倒的に、中継ぎ以降のピッチャーがいないという現状があります。

 

マシソン投手も数年間頑張ってくれていますが、来年以降は分かりません。

 

今シーズンも、中盤以降は打ち込まれるシーンも目立ちました。

 

また、クローザーの澤村投手も安定感を大きく欠くピッチャーです。

 

そんなことを考えると、体格がしっかりとしていて

スピードボールを投げ込めるピッチャーが必要だったんですよ。

 

リャオ・レンレイ投手には、本当にキャンプインから身体を作って

開幕一軍でバリバリ活躍して欲しいですね。

 

頑張れ!リャオ・レンレイ投手!!

Sponsored Link
 

-アスリート, 時事, 未分類, 豆知識