イベント 時事 未分類 芸能 豆知識

新海誠と細田守が宮崎駿の後継者になれるのかは庵野秀明次第?

2016/11/20

新海誠と細田守について

新海誠 細田守 宮崎駿 後継者 庵野秀明

新海誠監督と細田守監督はご存知でしょうか?

 

お二人とも日本を代表するアニメ映画の監督であり

これからの日本のアニメ映画を引っ張っていくのでは?

と期待されている、今大注目の若手監督です。

 

新海誠監督は、現在公開中の「君の名は。」が大ヒットしており

ちょっとした社会現象にまでなっています。

 

 

作品中に出てくる岐阜県の街並みがネットで話題になり

聖地として巡礼をするファンも出てきているほど。

 

 

岐阜県としても映画の聖地として観光客を誘致したいのでしょうが

その観光客のマナーが問題になっており

今後の判断には迷うところだと思います。

 

とにかく「君の名は。」は、本当に素敵な作品でした。

 

映画の内容を書いてしまうとネタバレになりますので

内容には触れませんが、とにかく映像が本当に綺麗。

 

その綺麗な映像にマッチする、ラドウィンプスの曲が最高。

 

なんなんすか、あの最高のマッチングは!という感じ。

 

新海誠監督独特の、観終わった後に残る余韻も

過去の作品の中でもダントツにいい感じでした!

 

 

新海誠監督の作品を観たことがない方でも

絶対に楽しめる作品になっていますので、本当にお勧めです。

 

対する、細田守監督の作品も自分は大好きです。

 

なんといっても有名なのは「サマーウォーズ」ですよね。

 

高校生の爽やかな夏休みの思い出を描いた作品は

何回観ても飽きる事がないと思います。

 

 

細田守監督の他の作品といえば、

 

「時をかける少女」

「バケモノの子」

「おおかみこどもの雨と雪」

 

といった、面白くて最高にいかしたものが多いです。

 

 

というか、これ全部映画館で観ている自分…

 

日本のアニメ映画界の未来は明るいですよね。

 

新海誠監督や細田守監督のような素晴らしい監督がいるんですから!

 

宮崎駿の後継者になるのは

新海誠 細田守 宮崎駿 後継者 庵野秀明

新海誠監督や細田守監督が若手注目の監督だとすれば

日本にはいますよね。伝説の巨匠なる人物が。

 

この2人も尊敬してやまないと言っています。

 

そう、スタジオジブリの宮崎駿監督です。

 

宮崎駿監督のことを知らない日本人はいないと思いますし

彼が監督を務めた作品は何かしら目にしていると思います。

 

名作が多すぎて紹介することすら憚られますが

個人的に好きな作品だけご紹介したいと思います。

 

 

「魔女の宅急便」や「となりのトトロ」

「千と千尋の神隠し」といった大ヒット作品の中でも

やっぱり「魔女の宅急便」が一番好きですね。

 

ただ、宮崎駿監督作品ではないのですが

自分がジブリの中では「耳をすませば」が大好きなんです笑

 

これは、近藤喜文監督の作品ですよね。

 

あれは不朽の名作ですよ。

 

自分の将来に不安を抱きながらもまっすぐに生きていく

中学生の日々と恋愛模様を描いている作品ですが

「耳をすませば」を何回観て、何回感動したか。

 

 

劇中歌のカントリーロードが、また良いんですよね!

 

物語全体にテンポを与えていますし、爽やかさや前向きさ

といった要素も表現していると思います。

 

 

「耳をすませば」の魅力を語り出したら止まらなくなるので

今回はこのぐらいにしますね。。。

 

 

そんな素敵で日本人の心に響く作品をたくさん作ってきた

宮崎駿監督の後継者として名乗りを上げているのが

新海誠監督と細田守監督なんです。

 

おそらくこの2人は自らは言っていないと思いますが

まわりが勝手に期待をして、後継者だ!と言っているんだと思います。

 

実際に、この2人のどちらが宮崎駿監督の後継者として

日本のアニメ映画界を牽引していくのでしょうか。

庵野秀明の存在

Sponsored Link

宮崎駿監督の後継者として大きな期待を掛けられている

新海誠監督と細田守監督。

 

世の中的には、今回の「君の名は。」の大ヒットで

新海誠監督の評価がグググッと上がっているように感じます。

 

実際に「君の名は。」は素敵な作品ですし

絶対に観たほうがいい作品だとは思います。

 

ですが、新海誠監督の作品は余韻を大切にする傾向があり

小さな子供にはその奥ゆかしさみたいなものが

上手く伝わるかは非常に微妙ですよね。

 

 

宮崎駿監督のジブリ作品は、一部の作品を除いて

観て単純に面白くて、単純に感動出来る!という分かりやすさがあります。

 

 

そんなことを考えると、細田守監督の描いている世界観の方が

一般的に受け入れられるのでは?とも思ってしまいます。

 

「おおかみこどもの雨と雪」や「バケモノの子」でも

主人公の成長を表現していましたし、見ていて共感が出来るんですよね。

 

より感情移入しやすいのは、細田守監督ではないでしょうか。

 

 

この2人のうち、どちらが宮崎駿監督の後継者になるのか?

 

今から本当に注目していきたいですが

自分はこの後継者争いで鍵を握っているキーマンは

エヴァンゲリオンでも知られる庵野秀明監督じゃないのか?と考えています。

 

 

庵野秀明監督と言えば、エヴァンゲリオンで大人気となった

日本を代表するアニメ映画監督ですが、

実は以前は宮崎駿監督と一緒に仕事をしていたんです。

 

 

この事実を知っている人はそんなに多くないかもしれません。

 

宮崎駿監督は庵野秀明監督の才能を高く評価しており

自身の引退作とも言われている「風立ちぬ」でも

主人公の声優役として大抜擢されました。

 

庵野秀明監督独特の声質と、感情が読み取りづらい

主人公にピッタリと合った演技が話題になりました。

 

そんな庵野秀明監督がキーマンというのはどういうことなのか?

 

 

一言で言いますと、庵野秀明監督とタッグを組む、

もしくは庵野秀明監督と何かしらの形で提携することが

新海誠監督や細田守監督が宮崎駿監督の後継者になる

一つの方法だと思っています。

 

 

新海誠監督も細田守監督もプロですし、自分のこだわりを

持っているとは思いますが、そんな中でも庵野秀明監督の

感性を受け入れながら作品作りを進めていくことで

宮崎駿監督の後継者になれるのではないか。

 

 

そんな風に考えています。

 

 

自分は新海誠監督も細田守監督も庵野秀明監督も大好きです。

 

大好きですが、やっぱり一番は宮崎駿監督ですね。

「耳をすませば」は最高の作品ですから。


-イベント, 時事, 未分類, 芸能, 豆知識