107キロ会社員の満腹日記

面白くて美味しいお話をご紹介していきます。

アスリート イベント 時事 未分類

稀勢の里の彼女が綱取りの条件を達成して横綱になる為のキーマン?

Sponsored Link

2016/11/20

稀勢の里の彼女とは

稀勢の里 彼女 綱取り 条件 横綱 キーマン

稀勢の里と言えば、18年振りの日本人横綱誕生か?

と期待されている力士ですよね。

 

次回の9月場所に、綱取りの期待が掛かります。

 

名古屋場所でも綱取りが期待されていたのですが

結果的には優勝を果たすことが出来ず

9月場所以降に綱取りが持ち越しとなりました。

 

 

なんとか日本人横綱の誕生が実現すれば嬉しいな、

とも思うのですが、個人的には稀勢の里の横綱は

少し想像するのが難しいのが正直なところです。

 

 

実は自分は相撲が大好きで、もう20年以上は

テレビでの相撲観戦を欠かしていません。

 

 

時間があれば両国国技館にも観戦に行きますし

そんな自分が見ていても今の稀勢の里では

9月場所での綱取りは難しいのでは?と思ってしまいます。

 

とは言え、期待もしてしまいますので

なんとか稀勢の里には優勝もしくはそれに順ずる成績を残して

18年振りの日本人横綱に上り詰めてほしいですね!

 

 

そんな稀勢の里の彼女についてですが

現在はいなといということになっていますが

自分は彼女がいると思っています。

 

名古屋場所のときもそうでしたが、毎日同じ升席で

稀勢の里の相撲を熱心に見守っている女性がいたのですが

自分はその女性が稀勢の里の彼女だと思っています。

綱取りの条件は

稀勢の里 彼女 綱取り 条件 横綱 キーマン

稀勢の里が9月場所で横綱に昇進するためには

具体的にどのような成績をあげることが条件になるのでしょうか。

 

実は稀勢の里にとって綱取りが掛かった場所は

次回の9月場所で5回目にもなるのです。

 

過去4回も綱取りのチャンスがあったかと思うと

5回目も難しいのでは?と思ってしまいますよね。

 

 

稀勢の里と言えば、相撲ファンの中では有名なのですが

どうしてもメンタルが弱いところがあるんです。

 

 

綱取りが掛かった大切な場所では、

それまでは発揮できていた実力がまったく発揮できない。

他にも、横綱戦になると萎縮しているのか

簡単に土俵を割って負けてしまう。

 

 

そんな相撲をこれまでにもたくさん見てきているのです。

 

 

もどかしい気持ちを相撲ファンは毎回してきました。

 

 

ですが、今年に入ってからの稀勢の里は、

昨年までとは明らかに変わりました。

 

 

大事な取り組みでも、しっかりと実力を発揮して

勝ちを拾っていくことが出来ているのです。

 

 

これはメンタルが強くなったと言っても良いと思います。

 

そんな状況だからこそ、9月場所での綱取りには

これまで以上に期待が持てるという相撲ファンもいるんですよね。

 

少し前置きが長くなってしまいましたが、

稀勢の里が9月場所で横綱に昇進するための条件は

自分は14勝以上での優勝だと思っています。

 

 

と言うのも、横綱昇進のための明確な条件は存在せず

その場所その場所で判断をしていくものなのです。

 

横綱審議委員会も稀勢の里には甘いので、

(というか、日本人横綱を誕生させたいので甘くなるのですが)

 

 

13勝とか14勝で優勝を逃しても、相撲の内容次第では横綱に…

なんて考えているかもしれませんが

世の中の相撲ファンはそれを認めないと思います。

 

そういった形で横綱になったとしても、

横綱になった後に稀勢の里自身がとても苦労すると思いますし

稀勢の里自身もそういう形で横綱に昇進するのは不本意だと感じるはずです。

 

 

14勝以上での優勝であれば、誰も文句は言いませんので

是非とも全ての相撲ファンが納得する形で横綱昇進を果たしてほしいですね。

彼女が横綱になる為のキーマン?

Sponsored Link

稀勢の里が9月場所で横綱昇進を果たす為に必要なのは

もちろん14勝以上での優勝という結果です。

 

14勝という勝ち星を残したとしても

いくら内容の良い相撲をとり続けたとしても

個人的にはやはり優勝は必要不可欠だと思っています。

 

その為には、万全の準備をして9月場所に臨んでほしいですよね。

 

 

稀勢の里が万全の状態で綱取りに挑戦するためにも

先ほどお話しました彼女の存在が大切になってくるのです。

 

 

大切な存在といいますか、横綱になる為のキーマンですよね。

 

そんなキーマンを手に入れているはず(個人的な見解ですが)の稀勢の里。

 

 

まずは9月場所の初日の相撲に注目してみましょう!

 

ここまでなんだかんだ言ってきましたが、

自分も日本人横綱の誕生には全力で応援したいです。

 

稀勢の里!18年振りの日本人横綱を宜しく頼みます!!


-アスリート, イベント, 時事, 未分類